« 回文の短歌 其のニ | トップページ | ファーストフードのトイレの照明 »

2004/03/24

マンゴのプエルトリコ式食べ方

その晩かれは、ハイチ産のマンゴをプエルトリコ式に食べながら、グラフトン兄弟の店をあとにした。まず、マンゴをよく揉み、親指で十分に押して、皮に包まれた果肉を柔らかくどろどろの状態にする。親指を使って中味をすっかりゼリー状にするのがコツだ。それからてっぺんをかじって小さな穴を開け、中味を吸いだす。マンゴは、ココナッツのように甘かった。異国の味だけれど、絶品だった。

「ブロンクス中央青果市場にて」
『巡礼者たち』
エリザベス・ギルバート
岩本正恵訳
(新潮社/1999)

う~ん、こういう食べ方は知らんかった。

|

« 回文の短歌 其のニ | トップページ | ファーストフードのトイレの照明 »

c)本の頁から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/345647

この記事へのトラックバック一覧です: マンゴのプエルトリコ式食べ方:

« 回文の短歌 其のニ | トップページ | ファーストフードのトイレの照明 »