« flickr中毒 | トップページ | 両統迭立時代を代表する歌人、京極為兼 »

2004/09/26

ダイエットなんて簡単だ

オムロン ヘルスケア|ヘルスカウンタ Walking style HJ-111

別にオムロンの回し者ではないが、この万歩計はなかなか優れもの。
従来の万歩計の弱点をよく分析している。
万歩計をつけたことがある人はよく知っているように、万歩計の問題は、歩く動作をすべてカウントするという点にある。つまり、とくに「さあ歩くぞ」という気持ちがなくても、ふつうに仕事をしていればそれだけで1万歩以上は歩いていることになる。オフィスでコピーをとったり、コーヒー・メーカーのところへ行くのはカウントしなくていいんだけど、そういうわけにはいかない。結局、実際に脂肪の燃焼につながるような歩行はではどのくらいあるのかというのがよくわからないので、付けるのを止めちゃうのだ。
もちろん、意識して歩く場合にだけ万歩計を装着し、ふつうに仕事をしているあいだは外すというやり方もあるだろうが、そんな面倒くさいこと誰がする?

というわけで、このオムロンの万歩計は、「しっかり歩行モード」というのがあって、10分以上かつ1分に60歩以上のペースで歩いた場合にだけカウントするという機能があるのだ。どういうことかというと、たとえば9分間しっかり歩いても(たぶん1000歩くらいになる)、そこで止まって1分以上たっちゃうとそれが、ちゃらにされてしまうのだ。この10分という設定がなかなか微妙で、これはこの万歩計つけて実感したんだけど、7、8分歩く用事があると(たとえばランチタイムなど)どうしたって、あと2、3分がんばって歩いて「ちゃら」にされないようにしたい、と思うんだなぁ。(笑)

だから1日たって家に帰ってこの万歩計をチェックすると、たとえば昨日であれば、わたしの歩行数は14,328歩だが、「しっかり歩行」は8,673歩であったことがわかる。
なんで昨日のことがわかるかというと、これが長所の二番目になるんだけど、この万歩計は1週間分のデータをメモリーしてくれるのである。
これも、なかなかニクイ機能で、なんせテキは自分なので、ええい昨日のオレに負けるのは悔しいと、つい翌日も頑張って歩数を稼ごうと(つまりは10分以上のウォーキングを)するのであります。
さらに、もうひとついいのは、この万歩計、ズボンのポケットでも、ワイシャツの胸ポケットにでも入れておけば、きちんと歩数をカウントできる仕様なのね。あの、ベルトにクリップで留めた野暮ったい恰好を若者らに見せないですむというのが、オッサンとしては嬉しい。

で、ダイエットは簡単かというと・・・
いやぁ、なぜかここのところやたら腹が減ってご飯の量が増えたので、体重は増えているのであります。

|

« flickr中毒 | トップページ | 両統迭立時代を代表する歌人、京極為兼 »

j)その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイエットなんて簡単だ:

« flickr中毒 | トップページ | 両統迭立時代を代表する歌人、京極為兼 »