« 久野収の書斎 | トップページ | 鬱のかわうそ »

2005/01/27

妻の悪口はたのしい

土屋賢二さんの『ソクラテスの口説き方』(文春文庫/2003)から。

その前に、妻を見たことのない人が誤解しないよう、ここで一言断っておかなくてはならない。実は、わたしの妻が美女であることはほとんど知られていない。厳密にいうと、美女であることは本人以外だれも知らない。
わははは。

|

« 久野収の書斎 | トップページ | 鬱のかわうそ »

c)本の頁から」カテゴリの記事

コメント

教授の愛妻ぶり、ナルちゃんぶり、シリーズでずいぶんたのしませていただきました。でも読みながら、殿方の読者っているんだろうかとも思いました。

投稿: ミラー | 2005/01/28 19:52

あれま、土屋教授は淑女に人気でしたか、これは意外でした。わたしはてっきり男の読者の方が多いと思っていましたけど。

投稿: かわうそ亭 | 2005/01/28 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久野収の書斎 | トップページ | 鬱のかわうそ »