« 鬱のかわうそ | トップページ | ハウルの動く城に失望 »

2005/01/31

1月に読んだ本

『逆説の日本史2古代怨霊編』井沢元彦(小学館文庫/1998)
『逆説の日本史3古代言霊編』井沢元彦(小学館文庫/1998)
『むかつくぜ!』室井滋(文春文庫/2001)
『日本社会の歴史 下』網野善彦(岩波新書/1997)
『楽園の骨』アーロン・エルキンズ/青木久恵訳(ハヤカワ文庫/1997)
『岡井隆の短歌塾 入門編』(六法出版社/1990)
『これだけは読んでおきたい 科学の10冊』池内了・編著(岩波ジュニア新書/2004)
『逆説の日本史4中世鳴動編』井沢元彦(小学館文庫/1999)
『猫のつもりが虎』丸谷才一(マガジンハウス/2004)
『逆説の日本史5中世動乱編』井沢元彦(小学館文庫/1999)
『俳句への旅』森澄雄(角川選書/1990)
『逆説の日本史6中世神風編』井沢元彦(小学館/2000)
『逆説の日本史7中世王権編』井沢元彦(小学館文庫/2003)
『カンブリア紀の怪物たち 進化はなぜ大爆発したか』サイモン・コンウェイ・モリス/松井孝典・監訳(講談社現代新書/1997)
『獨断の榮耀—聖書見ザルハ遺恨ノ事 』塚本邦雄(葉文館出版/2000)
『架空旅行記』池内紀(鹿島出版会/1995)
『小道の収集』長田弘(講談社/1995)
『逆説の日本史8中世混沌編』井沢元彦(小学館/2000)
『ソクラテスの口説き方』土屋賢二(文春文庫/2003)
『セレクション俳人09 仙田洋子集』(邑書林/2004)
『奪回者』グレッグ・ルッカ/古沢嘉通訳(講談社文庫/2000)

|

« 鬱のかわうそ | トップページ | ハウルの動く城に失望 »

c)本の頁から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬱のかわうそ | トップページ | ハウルの動く城に失望 »