« 相手は犬 | トップページ | 逆説の日本史 »

2005/01/13

オレンジレンジ

auのテレビ・コマーシャルを見ながら、娘との会話。
「ああ、以心伝心と言ってるのか、これ」
「なんだと思ってたわけ」
「ぼくらはいつも死んでるし。ゾンビの歌かと思ってた」
「・・・・(無視)」
典型的なオヤジである。(笑)

ところでこのオレンジレンジの「以心伝心」はドクター・マリオの本歌どりらしいね。
(ここ)

|

« 相手は犬 | トップページ | 逆説の日本史 »

h)映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ゾンビの歌って・笑
それにしてもTVゲームを全くやらないので知りませんでしたが、リンク先の曲を聴いて唖然としました。そっくりですね。

投稿: たまき | 2005/01/14 00:08

わたしはゲームボーイでこのドクター・マリオはよく遊びましたが、教えられるまで全然気づきませんでした。まったくそっくり。

投稿: かわうそ亭 | 2005/01/14 21:32

 え、ドクターマリオってゲームの曲なんですか?ホントそっくりですね…。私も「以心伝心」って聞き取れませんでした。気がついたとき、「ああ…」と思わずつぶやきました(笑)「いしんでん」ってなんだろうってずっと気になってて。ところで、私の働いてる会社に彼ら「オレンジレンジ」のうち2人がやってきました。歌は知ってるけど、本人たちを見てもぜーんぜん顔も名前もわかんないですしね。外にはおっかけらしき人の車が止まってました。平日なのに!

投稿: ぎんこ | 2005/01/14 21:48

へえ、そりゃすごいですね。
このグループ、なかなか面白い。たとえば、このインタヴュー。
http://www.bounce.com/interview/article.php/1081
「オレたちの中の合言葉は〈パクろうぜ!〉です(笑)。まずはカヴァーするんですよ。で、ここをわかんないようにしようとか、ここ使ったらバレるだろ、とか話し合う(笑)」


投稿: かわうそ亭 | 2005/01/14 22:08

ttp://www.geocities.jp/tsubusu00/1644.jpg
日刊ゲンダイに報じられました。
パくりすぎて余りにも似すぎというかカバーに近い故にクレームが出たようです。
あわてて作詞作曲の名前を変えたそうな。

投稿: ジース | 2005/02/06 21:50

情報どうもありがとうございました。
合い言葉はパクろうぜ、だと言うなら、「ああパクったさ、パクってなにが悪い」と言ってのけるくらいのふてぶてしさと気概は欲しいですな。

投稿: かわうそ亭 | 2005/02/06 22:14

わっははーっていきなりこんにちは! 
おっかしすぎです
ぼくらはいつも死んでるしって聞こえますね。

投稿: にのちか | 2005/07/30 06:55

にのちかさん どーも。
ね、聞こえるでしょ。(笑)

投稿: かわうそ亭 | 2005/07/30 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/2564135

この記事へのトラックバック一覧です: オレンジレンジ:

« 相手は犬 | トップページ | 逆説の日本史 »