« 茂吉と戦争 | トップページ | うちの四方ころび »

2005/03/20

二歳の北杜夫像

『作歌四十年』には長男齋藤茂太を詠んだ歌がたくさん採られているが、次男宗吉(北杜夫)を詠んだと明記してある歌は一首しか見当たらなかった。その一首——

 年ふたつになりしをさなご着ぶくれてわがゐる前を幾度にても走る

情景が目に見えるようないい歌だな。

|

« 茂吉と戦争 | トップページ | うちの四方ころび »

e)短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茂吉と戦争 | トップページ | うちの四方ころび »