« ナツメロ倉庫 | トップページ | 東京大空襲から60年 »

2005/03/09

THE REMAINS OF THE DAY

去年の冬から読み始めてなかなか進まなかった『THE REMAINS OF THE DAY』KAZUO ISHIGURO (VINTAGE BOOKS)、昨日と今日で残った100ページばかりを片付けた。

6186245_01e6e5acf3_z

あんまり上品な英語なもんで意味をとらえるのに苦労するような箇所もあるが、スティーヴンスとミス・ケントンの会話の部分を声に出して読むと、かたくなに抑制された主人公たちの感情がじかに伝わるような気がしてせつなくなる。これは一級の恋愛小説でもある。
感情に身をまかせない生き方を選び、それを誇りにしてきた人間が、もう人生の残りを考えるようになったときの悔恨というのは、じつに身につまされる。最後の方で主人公が述懐するこんなところ・・・

After all, what can we ever gain in forever looking back and blaming ourselves if our lives have not turned out quite as we might have wished?

思わず胸がつまったなあ。

|

« ナツメロ倉庫 | トップページ | 東京大空襲から60年 »

b)書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/3690685

この記事へのトラックバック一覧です: THE REMAINS OF THE DAY:

« ナツメロ倉庫 | トップページ | 東京大空襲から60年 »