« 攝津幸彦全句集 | トップページ | 桃尻語訳・枕草子 »

2005/07/09

読まず嫌いの橋本治

『「わからない」という方法』橋本治(集英社新書/2001)を読む。橋本治さんの本を読むのはこれがはじめて。
べつにゲイだから嫌いだったというわけではないと思うのだが、これまでなぜか読む気がしなくてパスしていた。しかし、もちろん読めば面白いのはわかっている(それくらいの鼻は利く)。読まず嫌いの作家だったということになるのかな。
本書、三分の一ほど読んで「ええい、くどい文章だなこりゃ」と舌打ちしたら、すかさず「わたしの文章はくどい」と書いてあってのけぞった。この辺で、読者が「くどい!」と舌打ちするように書いてやがる。
まいった、まいった。
というわけで、どうも「桃尻語訳枕草子」が近々の「課題図書」になりそうな塩梅である。

|

« 攝津幸彦全句集 | トップページ | 桃尻語訳・枕草子 »

c)本の頁から」カテゴリの記事

コメント

かわうそ亭さん、こんち。
橋本治の本、かわうそ亭さんが読まれたのは最近のものでは最も「くどい」タイプの本かもですね。私の場合は(少し古いけど)『浮上せよと活字は言う』(中央公論社1994)で、最初に橋本氏の本が好きになりました。『貧乏は正しい!』や『美男のレッスン』もあまりくどくない。『人はなぜ「美しい」がわかるのか』(ちくま新書2002)は橋本氏の古典の素養が全開で私は面白く読んだほう。「センス」というものの美醜に関して氏はとてもこだわるみたいで、そこが好きです。ところで内田樹の「映画評論」はくどいと思ったよ(笑)。

投稿: hebakudan | 2005/07/10 10:23

こんばんわ。
内田樹さんも、たしかにくどいよね。
俳句やってるとこういう「くどさ」というのは徹底的に嫌われるから、かえって新鮮なのかなぁ。
よくわかんないけど。

投稿: かわうそ亭 | 2005/07/10 22:30

 こんばんは、かわうそ亭さん。
橋本治さんは今「双調平家物語」を読んでます。これもくどいっていったらくどいのかも?平家物語は読んだことないけど、平家物語では数行で終わるところを1.2巻かけてやってるそうです。で、まだ完結してません(^ ^;)

投稿: ぎんこ | 2005/07/12 23:17

ぎんこさんも橋本治はちゃんとフォローされているんですね。そうか、「読んでなかったのはオイラだけ」みたいな作家だなあ、橋本治。

投稿: かわうそ亭 | 2005/07/13 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/4897408

この記事へのトラックバック一覧です: 読まず嫌いの橋本治:

» 『「わからない」という方法』 橋本治 (集英社新書) [不二草紙 本日のおススメ]
 数日前おススメした内田樹先生の『先生はえらい』。そこで「謎」の話が出てましたね [続きを読む]

受信: 2005/07/12 10:45

» 【書名】 「わからない」という方法 [PukiWiki/TrackBack 0.2]
[一覧] 書籍一覧 【書誌目次情報】 「わからない」という方法 [集英社 2001/04/22] この本の要約 † ↑関連情報 † 「わからない」という方法 http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0085-c/index.html 集英社BOOKNAVI http://books.shueisha... [続きを読む]

受信: 2005/07/19 01:39

« 攝津幸彦全句集 | トップページ | 桃尻語訳・枕草子 »