« シンディー・シーハン | トップページ | アメリカの反知性主義 »

2005/08/27

池澤訳『星の王子さま』

37585201_57f09acac7_z

『星の王子さま』の新訳がたくさん出ている。今年で著作権が切れたことで、新しい出版が可能になったということらしい。背景は「京の昼寝」さんのブログにくわしい。【ここ】
わたしはこれまでの内藤訳と今度の新訳とが、どんな風に違うのかとか、新訳がそれぞれにどう違うのか、なんてことにはあまり興味はない。ただ単に、池澤夏樹さんが翻訳されるというので、「ああ、きっとそれは素晴らしい本になるだろうな」と思っていただけである。
『星の王子さま』サンテグジュペリ/池澤夏樹訳(集英社文庫/2005)を読んでみた感想をいうと、想像以上に素晴らしかった、ということになる。
こういう言い方は、これまでお世話になってきた旧訳の内藤濯に対して礼を失することになるかもしれないが、今回の池澤訳『星の王子さま』で、はじめてわたしはサンテックスがこのオハナシを書いたその源泉にふれたような気がしたな。
これから、はじめて『星の王子さま』を読む人には、わたしは少なくとも岩波の内藤訳よりはこの集英社版の池澤訳を推薦すると思う。ただし文庫版は挿し絵がモノクロでさみしいので、どうせ買うならハードカバーの方がいいだろう。なお、倉橋由美子の『新訳 星の王子さま』(宝島社/2005)も買って読んでみたが、感心しなかった。

池澤訳から——

「どうすれば星を所有することができるの?」
「星は誰のものだ?」とビジネスマンは少し腹を立てて聞き返した。
「知らない。誰のものでもない」
「ならば私のものだ。最初に考えついたのは私だから」
「それだけで?」
「そうさ。誰のものでもないダイヤモンドを見つけたら、それはきみのものだ。持ち主のない島を見つけたら、それはきみのものだ。新しいアイディアを見つけたら特許を取る。そのアイディアはきみのものになる。星が私のものなのは、これまで誰もそれを所有するという考えに至らなかったからさ」
「それはそうだけど」と王子さまは言った。「それで、星をどうするの?」
「運用するのさ」とビジネスマンは答えた。

内藤濯の著作権継承者である内藤初穂さんの「星の王子さま」というタイトルを新訳につかうならば法的手段に訴えるなんて当初の動きは、なんとも見苦しいもので、このくだりをすぐに思い出した。ただし、それと今回の本の評価はまったく関係がない。

|

« シンディー・シーハン | トップページ | アメリカの反知性主義 »

b)書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/5659661

この記事へのトラックバック一覧です: 池澤訳『星の王子さま』:

» あの名作「星の王子さま」が新訳で登場〜♪ [京の昼寝〜♪]
 ★超ロングセラーの「星の王子さま」に新訳が続々登場〜  この物語を知らない人はきっといないでしょうね^^ 沢山の人に読み継がれてきたサン・テグジュペリの「星の王子さま」。 日本での著作権が今年1月で切れ、これに伴い岩波書店が持っていた独占的な翻訳出版権も消滅したため、今月から様々な出版社から新訳で続々と出版されることになった。 したがってこれから、倉橋由美子さんや池澤夏樹さんら著名作家による新訳�... [続きを読む]

受信: 2005/08/28 23:51

» 名訳の読み比べが楽しい 「星の王子さま」 [ハムりんの読書  おすすめの本]
「星の王子さま」 ☆☆☆☆☆  遺作となった倉橋 由美子さんを初め、山崎 庸一郎さんらの新訳が  今年、相次いだサン=テグジュペリの名作「星の王子さま」。  中でも一番、期待していたのが池澤さんの訳でした。... [続きを読む]

受信: 2005/10/02 21:22

« シンディー・シーハン | トップページ | アメリカの反知性主義 »