« 遊びをせんとや | トップページ | 俳壇を背負って立つ人々 »

2005/12/06

stay hungry, stay foolish.

話はいささか旧聞に属する。
今年の6月にスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式に招かれて祝辞を述べた。そのスピーチがウェブ上で映像や録音で公開されている。これがとても素晴らしいので、一頃、話題になっていたらしいのだが、世事に疎いわたしはつい最近まで知らなかった。いや、じつは先日スタンフォード大学のサイトで、このジョブズのスピーチだけでなく、いろんな講演や講義が無料公開されているということを知った(*註1)ときも、実際にダウンロードしたのはダライラマの長い講演シリーズ(この話はまた書くかもしれないが、今回はパス)なんかで、ジョブズのスピーチは「ま、いいでしょ」という感じであえて無視していた。
なぜかと言うと、わたしはこんな風に勝手に思ったのですね。

ああ、ジョブズってスタンフォード大学のOBだったのか、へえそうなんだ。でも、金持ちの息子が行く名門大学を出て、大成功をおさめた人の演説なんか別に聞きたいとは思わないね。

もちろんわたしも日は浅いけれど、一応はアップルのユーザーだから、ジョブズが一度は自分の立ち上げたアップルを追われたことも、先年、膵臓ガンを克服したことも知ってはいた。しかし、知っているのはそれくらいだったんだな。
ふと、思いついて、実際にこのスピーチを聴いてみたら、みなさんのおっしゃるとおり素晴らしい内容で感動した。やはり、よく知りもしないことを勝手に決めつけたりしてはいけないな、と反省。

Jobsジョブズのスピーチは、じつはわたしは大学を出ていないので、という具合に始まる。全然、わたしが思っていたような人ではなかった。
もしまだご存知でない場合は、下にリンクを書いておきますのでぜひどうぞ。オススメです。

わが英会話の先生とこのスピーチの話をしたら、かれが、うんジョブズがここで話している三つのストーリーって、結局全部一緒のことなんだよね、と言った。たしかにそうかも知れない。

・スピーチの入手場所(ポッドキャスティングの利用者用)
http://itunes.stanford.edu/
 ダウンロードの仕方
  (1) Open Stanford on iTunesをクリック
  (2) アプリケーション(iTunes)を起動
  (3) Heard on Campusをクリック
  (4) Interviews and Speechesのタブをクリック
  (5) "Steve Jobs' 2005 Commencement Adrress"をダウンロード

・スピーチ書き起こし(英語)
http://news-service.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html

・同上の翻訳
PLANet blog.

・「ホール・アース・カタログ」最終号のバックカバー
aki's STOCKTAKING

*註1
Fixing A Holeさんの記事のおかげです。どうもありがとう

|

« 遊びをせんとや | トップページ | 俳壇を背負って立つ人々 »

j)その他」カテゴリの記事

コメント

■>世事に疎いわたしはつい最近まで知らなかった。■
朝日新聞社発行の週刊誌『AERA』(月曜発売)の2005年9月19日号の20ページ~21ページに『ジョブズ氏の「わが人生」スピーチ:愛せるものを見つけよう Stay Hungry.Stay Foolish.』という記事があります。
書き出しは、「スティーブ・ジョブズ氏は今年6月、スタンフォード大学の卒業式で祝賀スピーチをした。自らの人生を率直に語ったメッセージは同大学のホームページに掲載され、多くの人に感銘を与えた。抄訳で紹介する。」
「抄訳」の冒頭は、「今日は私の人生にまつわる三つの話をしたいと思います。最初は、点(ドット)を結びつけることについてです。」
「抄訳」の結びは「私が若かったころ、スチュワート・ブランドという人がつくった『ホール・アース・カタログ』という本が出版され、私の世代のバイブルとなりました。詩的で、ペーパーバック版のグーグルのようなものです。その最終号の裏表紙に早朝の田舎道の写真が載っていました。写真の下にスチュアートたちの別れの言葉がありました。以来、私は自分自身がそうありたいと願ってきました。卒業していく皆さんにもこの言葉のようであることを願っています。『Stay Hungry.Stay Foolish.』」
ところで、つかぬことをお尋ねしますが、かわうそ亭さんは昭和何年生まれなのですか。私は昭和29年生まれですが。

投稿: Kiyoshi | 2005/12/06 19:52

こんばんわ。コメントありがとう、ございました。そうですか、ダジャレの『AERA』にも出ていたのですね。
わたしも、ほぼ同年代です。
よろしかったら、こちらのエントリーも、お読みいただければ幸甚です。
http://kawausotei.cocolog-nifty.com/easy/2004/11/post_14.html

投稿: かわうそ亭 | 2005/12/06 21:19

今晩は。
私も友人から転送されてきて、スティーヴ・ジョブスのスピーチを読みました。なかなか面白い。
スタンフォードの卒業式で、ピカピカに鍍金され立ての若者に贈る言葉としては、最高のものです。
パソコンという大ヒット商品を創った人と、それで大儲けしているもうひとりの人(残念ながら小生のPCはそちらの商品ですが)の違いということにも、興味が惹かれました。(後者が、せめて儲けの何分の一かを新商品開発ではなく、この「永遠の欠陥商品」の「完成」に向けて投資してくれればと願うのですが)
1954年生まれのリストも拝見しました。ちょっと興味を引かれるのはカズオ・イシグロ、秋吉久美子、壇ふみ、D.ワシントン、それに「かわうそ亭」さんくらいで、後は「今後の成長を見守ってあげましょう」と思ったくらい(私の知らない人もいますが)。皮肉ついでに。
我善坊

投稿: 我善坊 | 2005/12/07 21:42

こんばんわ。ジョブズのスピーチの前半のパンチの効いたところは、大学の卒業式に招待されて来ているくせに、わが人生最良の選択は大学をドロップアウトしたことなんだよね、なんてぬけぬけと言っていることですよね。面白いけど、あの箇所を耳で聴くと、聴衆は笑っているのですが、気のせいかどこかひきつった感じ。(笑)
同級生のお話は、ややや、どうぞご勘弁を。(笑)

投稿: かわうそ亭 | 2005/12/07 22:30

 僕もあちこちで引用や感想をみてましたけどかわうそ亭 さんのおかげで通しで聞くことができました。というか翻訳ページまでリンクしていただいたので内容を把握してから聞いたり見たりした訳ですが。Macを紹介する時のようなパフォーマンスは無く淡々と語っているのが逆に新鮮でした。それにしても最近流行のジェットコースターもかなわないアップダウンのドラマチックな人生だ。驚嘆。

投稿: たまき | 2005/12/08 18:45

こんばんわ。おっしゃるように淡々とした語り口が新鮮でしたね。でも、とてもよく練られたスピーチで、これだけでもこの人はただものではないことがよくわかります。

投稿: かわうそ亭 | 2005/12/08 22:12

本当によいスピーチですね。
教えていただいてありがとうございました。
こういうものが翻訳されてweb上にあることもすばらしいなぁと思います。

投稿: mimo | 2005/12/09 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: stay hungry, stay foolish.:

» 音声配信に注目!! [現役早大生の情報発信基地]
iPodの普及にはもの凄い勢いを感じざるを得ない今日この頃。 街に出ればそこら中に iPod、iPod、iPod、iPod、iPod、iPod、iPod、iPod、iPod、iPod iPod、iPod、iPod、iPod、iPod、iPod、iPod、iPod、iPod、iPod とまでは言いませんが、かなりのiPodユーザー....... [続きを読む]

受信: 2005/12/06 18:01

» スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業祝賀スピーチへの一コメント [本に溺れたい]
 このスピーチには感動の嵐がネットの中で鳴り響き、いまだにその余韻が残る。  私 [続きを読む]

受信: 2005/12/09 05:55

« 遊びをせんとや | トップページ | 俳壇を背負って立つ人々 »