« 朝日新聞、まちごうてはる | トップページ | 徘徊俳人替え歌集 其の八 »

2006/08/26

プルートの使者

「ソーラー・システム」というと、テレビCMでおなじみの朝日ソーラーだとか、シャープの太陽光発電のことかいなと、どうしても思ってしまうのは、わたしだけかもしれないが、ちゃんとした英語の場合は、もちろんこれは「太陽系」のことである。

わたしが子供の時は、「水金地火木土天海冥」と覚えたものだが、あるとき、しばらくこれから最後のところは「天冥海」にするけんねと言われて、急にそんなこと言われても困るよなあ、なんて嘆いたもんであります。みなさんはそんなことなかったですか。(笑)

冥王星が一時的に海王星の軌道の内側に入ったのは1979年から1999年までの20年間だけだったそうで、また200年くらいは「天海冥」でええけんね、というわけですっかり安心して、油断していたら、今回の国際天文学連合の総会騒ぎである。

「矮惑星 (dwarf planet)」という新しいカテゴリをつくって、いままで太陽系第9惑星とされていた冥王星を降格するという。冥王星というくらいですから、これは冥府の王様の領土であります。こんな降格人事、わたしは、ぜったい祟りがあると思うぞ。(笑)来月あたり、地球に衝突する軌道の彗星が急に発見されたりして。プルートの使者、なんて。(笑)

Wikipediaで調べてみると、もう、今回の騒動の詳しい解説が書いてあります。(こちら)
これによると和名の「冥王星」は野尻抱影が命名者なんですね。納得。

ところで、この関連ですが、冥王星の発見者はアメリカ人のクライド・ウィリアム・トンボー(Clyde William Tombaugh, 1906 - 1997)という天文学者。いかにもアメリカ人の好きな、苦学、努力の末に名声をつかんだ人のようですが、同じくWikipediaにこんな記事があって、なんだか「ふーん」と思ったなあ。

彼は生涯に14の小惑星を発見した。また、UFOにも関心を持っていた。
彼の遺灰の一部は、2006年に打ち上げられた冥王星探査機ニュー・ホライズンズに収められた。 冥王星が「惑星ではない」と定義された、2006年は奇しくも彼の生誕100年であった。

2006_0825 なんでもこの人、1949年に家族と葉巻型のUFOの目撃をしたらしい。
著名な科学者の証言として、その筋ではなかなか有名なんだそうです。それと今回の冥王星の惑星降格が関係があるのか、どうか知りませんが、まあこういうところでもアメリカ人は世界で嫌われているようで、少々気の毒な気もするなあ。

写真(APL)は冥王星探査機ニュー・ホライズンズに搭載されたトンボーの遺灰の容器だそうです。2015年の7月14日に冥王星に到着予定。まさか、飛行中にこんなことになるとは思わなかっただろうなあ。ますます祟りが心配。(笑)

|

« 朝日新聞、まちごうてはる | トップページ | 徘徊俳人替え歌集 其の八 »

g)サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/11607375

この記事へのトラックバック一覧です: プルートの使者:

» 冥王星の本当の気持ち &『日本の星−星の方言集』野尻抱影(中公文庫) [不二草紙 本日のおススメ]
 世界中で大騒ぎ。冥王星の降格の件。  私たち天文ファンの間では、けっこう前から「ちょっと違わねえか?」みたいな雰囲気はあったんですよね。小さいし、軌道はへんちくりんだしね。でも、ティティウス・ボーデの法則にはあてはまってる。そっちで言えば... [続きを読む]

受信: 2006/08/27 10:23

» 大手まんじゅう【岡山県の土産・特産品ガイド】 [岡山県の土産・特産品ガイド]
「岡山土産と言えば?」 と聞くと、まず十中八九 「きびだんご」 と答えが返ってくることでしょう。 「赤丸ぴん太郎」 と答える人はおそらくあまりいないと思います。 まあぴん太郎は置いといて、 きびだんごのようなお菓子関連の岡山土産で 他に有名なものをひとつ、ご紹介したいと思います。 大手まんじゅう(大手饅頭) 江戸時代生まれのまんじゅうです。 「大手まんじゅう」という名は、 �... [続きを読む]

受信: 2006/09/08 09:05

« 朝日新聞、まちごうてはる | トップページ | 徘徊俳人替え歌集 其の八 »