« 或る最終楽章(3) | トップページ | 詩人とヴァニティ(1) »

2006/09/05

小川洋子、ストットルマイヤー警部

今頃何を、というような話題ですが、DVDを見ながら自分で気づいたことはなんとなく嬉しいもので。

その1
映画「博士の愛した数式」の薪能の場面(原作にはたしかなかったはずですが)に、観客の一人として小川洋子さんが出ておられますね。かなり大きなアップですので、びっくりしました。なかなか、お茶目でかわいらしい。(笑)

その2
Tedch09 家族が「羊たちの沈黙」のメイキングビデオの出演者インタビューを見ていたので、なんとなく横目で見ていたら、どこかで見たような顔が。あれ、これってもしかしたら・・・
「羊」で犯人バッファロー・ビルを演じたのは、テッド・レヴィン。調べてみたら、やっぱりそうでした。TVシリーズの「名探偵モンク」のサンフランシスコ市警、リーランド・ストットルマイヤー警部じゃないですか。
「羊たちの沈黙」はビデオやテレビ放送で何回も見ているし、「名探偵モンク」はわたしのお気に入りのシリーズなので、シーズン1、2ともほぼ毎週かかさず見ていたのに、いままで全然気がつかなかった。ああ、びっくりした。

|

« 或る最終楽章(3) | トップページ | 詩人とヴァニティ(1) »

h)映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 「ビュ−ティフル・マインド」にストッドルマイヤー警部の部下ディッシャーが出てました!あのオデコは間違いないです!(笑)主人公の大学の仲間の1人でセリフはなかったと思います。「羊たちの沈黙」の犯人は全然思い出せません…出番少なかったような気がしますが??

投稿: ぎんこ | 2006/09/07 00:19

へえ、ディッシャーくんが「ビュ−ティフル・マインド」に出てたんですか。それは、全然、知らなかった。でも、結構賢そうに見えるかも。あのオデコですからねえ。(笑)
あ、そうだ、モンクさんは、「リストランテの夜」という映画に出ていますよ。イタリア移民の兄弟のオハナシで、モンクさんは職人肌の料理人の兄の役。映画が半分くらいになったところで、はじめて気づいて「あ、モンクさんだあ!」と叫んでしまった。(笑)

投稿: かわうそ亭 | 2006/09/07 21:14

「リストランテの夜」見た事ないです。今度チェックしときますね。モンクさんといえば「ギャラクシークエスト」ですよ!かわうそ亭さんはご覧になられましたか?B級映画だけど笑えて最後はホロリの楽しい映画です。
↓こんな話です

放送打ち切りから20年を経た今も熱狂的なファンを持つSF番組「ギャラクシー・クエスト」。今日もある都市で、ファン集会が開かれていた。が、招待された出演者の前に奇妙な4人組が現れ、“自分たちの星を侵略者から守って欲しい”と助けを求めてきた。最初は冗談と思った出演者たちだったが、彼らは本当の異星人で、TVでの彼らの活躍を本物と思い込み番組そのままの宇宙船も用意していた……。「スター・トレック」のパロディー満載の本格SFコメディ。
 
 「スタートレック」を見たことない私でも楽しめました。

投稿: ぎんこ | 2006/09/08 01:19

「ギャラクシー・クエスト」、おもしろそう!!
探してみなくては。SFコーナーかなあ。近所のゲオにあるかしら?

投稿: かわうそ亭 | 2006/09/08 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/11778492

この記事へのトラックバック一覧です: 小川洋子、ストットルマイヤー警部:

« 或る最終楽章(3) | トップページ | 詩人とヴァニティ(1) »