« To Kill A Mockingbird | トップページ | 安楽椅子探偵の女王蜂 »

2007/05/09

つっぱり本棚

昨年、ちょっとした事情があってアップライトピアノを処分した。
狭いマンション暮らしながら、そのあと多少の空間ができたので、そこに天井までの書棚をつくろうと思った。
それからかなりたつのだが、先日ソファを買い替えるついでに家具売り場で壁面収納を見ていたらよさそうなものがあったのでつくってみることにした。

買ったのは「薄型つっぱり本棚」という名称で、製造メーカーは福井県坂井町のタカシン家具工業株式会社である。
「つっぱり」という意味は専用の金具で天井につっぱる形で固定するからだろう。

一応、前もって立面図(というほど立派なものではないが)をつくって、幅60センチの書棚を2列つくりつけて、さらにその間に45センチの棚板を渡す予定にしていたのだが、45センチの棚が店の在庫にないということで、それはメーカーに後日注文してもらうことにして、とりあえず先に60センチ幅の書棚二つだけを配達してもらった。
ところが組み立ててわかったことは、だいたい本やオーディオ機器の高さにあわせて9段に仕切ると、ダボで設置する棚板がそれぞれ2枚ずつ計4枚余るということで、そうであれば、この余った棚板を二つの書棚に橋渡せば無駄がなくてよいということだった。店にすぐ電話すると45センチの棚板はキャンセルしてくれていいということだったので助かった。

2007_0509 この書棚の構造は上下ふたつに分かれていて、下部構造は上辺が開いた長方形(コの字を90度回転させたかたち)上部構造が四辺とも閉じた長方形(ロの字)である。これを別々に仕上げてから天井の高さにあわせて専用のビス8個(左右4カ所ずつ)で連結する。つまりコの字の開いた部分にロの字が入り込む深さで高さを調節するわけである。そして最後に天井へのつっぱり板を長いねじ式の金具で持ち上げて固定すれば完成である。

組み立て自体は単純だが、ねじ釘を書棚の枠構造の部分に止めて行くときに、ちょっと力がいるので、きちんとした工具(プラスのドライバー)は必要。最初、素手でやっていたのだが、たちまち指や掌にマメができたので、あわてて滑止めの付いた軍手を取り出す。

ということで、古い本棚から少しだけこちらに移してみた。奥行きが22センチなのであまり部屋への圧迫感はないように思う。ただし、リビングに本を置くという習慣はこれまでなかったので、とりあえず洋書を移してみたらなんだか嘘くさいインテリア雑誌みたいである。(笑)まあ、そんなにお客がくるわけでもないからいいか。

ちなみにお値段は締めて2万3千600円でした。

|

« To Kill A Mockingbird | トップページ | 安楽椅子探偵の女王蜂 »

j)その他」カテゴリの記事

コメント

質問:ロの字型の入れ込み具合を調節出来るのならドンぴしゃの寸法にしてつっぱり分も収納には出来ないのですか?
それはともかく良い感じですね。余った棚板を中間で使うのも素材が一緒だから良いですね。そして最後の「ちなみにお値段は締めて2万3千600円でした。」にびっくり。この、買い物上手!

投稿: たまき | 2007/05/09 20:31

たまきさん こんばんわ。
つっぱり部分は我が家の写真の例だと約7センチ。天井にあてた板の厚みが2センチですので実質5センチのすきまがあります。ですからロの字型の入れ込みを7センチ浅くしてその分高くすれば(十分できます)どんぴしゃで納めることは可能です。ただし数ミリでも隙間があるとやはりぐらぐらしますから、やはりジャッキの要領で天井につっぱってかっちり固定した方が安心感があると思います。。
ですからアソビを天井にあてる板の厚み2センチ、プラス5ミリ程度にすれば、たぶん見た目は天井まで収納スペースに使っているような感じになりますね。
ただし、Flickrの方で、764 x 1280のサイズの写真をよく見ていただくとわかるのですが、このジャッキ式で固定する金具が結構長いので(メーカーさんへの要望としてはこれは半分くらいの長さの2タイプくらいあるといいと思う)天井とのアソビ部分が短ければ短いだけ、この金具が最上段の内部スペースに突き出す形になるわけです。ま、最上段と言うのはおまけの空間みたいなところもあるので、別に突き出していたってかまわないと言えばかまわないのだけれど。

投稿: かわうそ亭 | 2007/05/09 21:49

ていねいにありがとうございます。Flickr見ました。たしかに金具の短いバージョンがあると良さそうですね。
おととし我が家を自作したときに吹き抜けの壁に2階までの本棚を作ったのですが本という物は本棚からあふれるようになっているみたいですね・笑
人の本棚を見るのはとても楽しい。かわうそ亭さんのも興味津々。救急箱もお洒落です。

投稿: たまき | 2007/05/10 18:47

はじめまして。
つっぱり書棚を探していて、こちらにたどり着きました。
私は情報集めとして、ネットでまず探してみるのですが、かわうそ亭さんの本棚は、東急百貨店の通販で扱っているものと同じ商品みたいですね。使い心地、良さそうだなぁ。「組み立て家具屋さん」というお店の商品も、同じものみたいなんですが、こちらは棚板が、上部の分と下部の分と二種類入っているみたい。んー、悩みます。

投稿: あつこ | 2007/07/15 15:58

こんにちわ。
こういう壁面の棚というのは棚板を置いて、まだあまり「モノ」が入っていない状態が一番嬉しいですね。なんだかんだと棚がいっぱいになるとただの物置になってしまう。(笑)
コメントどうもありがとうございました。

投稿: かわうそ亭 | 2007/07/15 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/15008783

この記事へのトラックバック一覧です: つっぱり本棚:

« To Kill A Mockingbird | トップページ | 安楽椅子探偵の女王蜂 »