« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/24

『恵比寿屋喜兵衛手控え』佐藤雅美

879743027_25e56032fd 少々ふざけて宣伝文句をつけるとすると「大江戸人情リーガル・サスペンス」てな感じだろうか。佐藤雅美の『恵比寿屋喜兵衛手控え』(講談社文庫)は、ちと毛色の変わった時代小説。

オハナシの中に、いまは退隠した陸奥白河の松平楽翁と名乗る殿様が老中時代に御改革をおこなった云々、というような記述があるので、時代背景は文化年間(1804−1817)か、そのあとの文政年間(1818ー1829)のころと推定できる。楽翁は寛政の改革をおこなった松平定信の隠居後の号で、この政治家の退隠は年表によれば文化9年(1812)五十五歳のときであるからだ。

物語全編を通じて、いかにも江戸時代というのは諸般にわたって明治以降の近代とは大きく違うものだなあ、これが江戸時代の秩序感覚、人情情緒というものかと感じ入ったりもするのだけれど、文政年間といえば、明治から50年ばかり遡っただけの時代であります。個人的な感慨に過ぎないけれど、五十歳を過ぎてから、歴史をはかる時間の物差しの目盛りが50年が一区切りのような感覚になっている。50年なんてあっと言う間のことじゃないか、てな気持ちになるのでありますね。

さて本書の主人公、喜兵衛は、馬喰町に百軒ばかり建ち並ぶ旅籠屋の主人だが、この宿屋は通称を旅人宿といい、また喜兵衛の営むそれは公事宿(くじやど)とも呼ばれて、いささか専門的なサービスを客に提供する稼業でもある。

江戸時代の司法においては、刑事訴訟を「吟味物」、民事訴訟を「出入物」と呼んだのだそうですが、この「出入物」は、いまもむかしも人間同士のもめごとは同じ、金銭のトラブルが大半であった。
そこらあたりを、小説の中である吟味方与力がこんなふうに述懐する。

「出入物(民事)のほうはほとんどが金銭貸借のもつれの仲裁だ。これまたほとんどが欲の皮の突っ張りあいの仲裁で、毎日毎日おなじことをやっているとうんざりしてしまうという仕事だ。たしかに御用頼の御大名をはじめ方々から付届があり、実入りには不自由しない。しかし仕事そのものは面白くもおかしくもない」

こうした「出入」、すなわち民事訴訟においては、ひとつはそれが半年、一年というような長期にわたるために、関係者が江戸に長期滞在することになり、そういう公事がらみの宿が必要だったということ、もうひとつは訴訟の約束事があまりに煩雑であって、「きのうきょう在からやってきましたというような田舎者」では手も足も出ず、結局訴訟に負けることになるので、その公事訴訟事の相談にのってやり、世話をやくという仕事が生まれた。そしてお上にとっても、こういう専門家が間に立って公事の手続きをスムーズに進めることは都合がよいわけで、いつしか公事を専門にあつかう宿を公認するようになった、ということらしい。
まあ、早い話が、喜兵衛は民事専門の弁護士事務所と宿屋とを一緒に営んでいると思えばいいのであります。

ということで、冒頭に紹介した、時代小説とリーガル・サスペンスの組みあわせの理由がお分かりいただけたと思います。
実際、巻末の参考文献などをみると、もちろんわたしはまったくの門外漢でこれがどういう本であるのか判断できませんけれども、かなり徹底的に調べて書かれたエンターテインメントであることがわかります。こうした近世民事訴訟法史、近世刑事訴訟法史などという、まず自分から調べてみようとは思わないような分野について、フィクションとはいえ、事件のかたちで実例を挙げられるとじつによく理解できる。
本書は、しかし、あくまでこれを読み物として読者に提供しているので、べつにお勉強のつもりで読む必要はまったくない。
一見単純に見えた事件の裏の意外なからくりや、お上の権力争いが話をにぎやかにしているし、主人公の駄目さ加減(妾がいたり、子育てに失敗したと妻に責められたり、腐れ縁の不良旗本に金をたかられたり)と、稼業の専門家としてのプロ意識、既得権を守るためのしたたかな立ち回りなどがうまく塩梅されてなかなか面白い小説に仕上がっています。
渋い大人の時代小説としておすすめです。ただし、ちょっと渋過ぎるかもね。(笑)
なお本書は第110回直木賞受賞作。(1993)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/21

ハリポタ#7

2007_0721 例のブツが無事到着。
前回に同じく時間指定で「8時01分以降」のシールが貼ってあります。
「TIME」の記事「Harry Potter and the Sinister Spoilers.」(July 9,2007)によれば、アメリカ市場だけで1200万部とか。やれやれ。当分、スポイラーに注意して、ネタバレ記事には目を止めないようにいたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/18

新風舎と文芸社

『出版年鑑2007』(出版ニュース社)によると、2006年の新刊点数はおよそ8万点だったそうな。
以下はasahi.comの7月8日付記事。

『出版年鑑2007』が出版ニュース社から発行された。それによると、06年の新刊点数は8万618点で前年に比べて38点増え、過去最高となった。一方で売上高は1.3%減の約2兆2628億円。96年をピークに、長期の減少傾向が続いている。書籍は2.2%増の約1兆95億円だったが、雑誌が3.9%減の約1兆2533億円。
新刊点数を出版社別でみると、新風舎が2788点(取次会社ルートで販売されたものは385点)でトップ、2位が講談社の2013点、3位は文芸社の1468点(同327点)、4位学研1106点、5位小学館937点、6位集英社849点と続く。
新風舎と文芸社以外は、いずれも取次会社ルートで販売された点数。従来はこの販売点数を数えていたが、申告があれば取次会社ルートにのらないものも合算する方式を昨年途中から採用した。この方式によると、05年分から新風舎が出版点数で1位となっている。

ごく普通の本読みの感覚としては、上記の点数のトップ3のうち、新風舎と文芸社というのには「けっ」という感想をもつなあ。
いや、ほとんどこの二社の本は見たことがないので、それはこういう形の出版物に対する偏見だ、あんたは自分の本を出したいという願いをなんとか実現した人たちを馬鹿にしているのではないかね、と言われると、少々困るのだが、まあじつはそのとおりなのであります。(笑)

調べてみると、こういう出版社の商法は「協力出版」とか「共同出版」とか「出版実現プログラム」なんて呼ばれるらしい。
新聞や雑誌に「あなたの原稿を募集」とか「あなたの作品を出版しませんか」なんて広告が載っているのがそれですな。協力とか共同とかいうのが具体的になにを指しているのかよくわからないが、まあ、ありていに言えば、作者と出版社が協力、共同するというのは、著作者がカネを出して、「出版社」が編集や印刷、製本、そして販売を担当する、ということだろう。

これを詐欺商法というむきもあるようですね。しかし、カネを取って「本」をつくらないのならあきらかな詐欺だが、現実に「本」ができていれば、詐欺とは言いにくいような気もする。訴訟になっているケースなどでは、問題は「売れる」ようにちゃんとこれらの「出版社」がやっていないのではないかということが一つの争点であるように見える。原稿募集などでこの商法にカモをひっかけるときは、全国の書店に取り次ぎ、あなたの本が日本中の書店の棚に並ぶんですよ、てなイメージをふりまいて、しかし実際には、まともな取り次ぎもしていないのではないか、という疑惑でありますね。

まあ、はっきり言えばあんまり褒められた商売ではないが、おそらくこの商法にひかかる人というのはまったく箸にも棒にもかからないないような旦那芸の人たちではないような気がする。そういう人は、そもそも自分の「本」などが社会で通用するかもしれない、なんて幻想はもたないだろう。そういう人が、それでも、たとえば自伝めいた本を子孫のために遺したいと思えば、全部、自費出版でやるだろうし、その自伝が一般の本屋で売られていないじゃないか、とは文句を言ったりはしないと思う。(注)
だから、危ないのはたぶん、オレって結構「書けるじゃん」と勘違いしている人である。
そういう意味では、新風舎や文芸社からみると、ブログをやってる人なんかはたぶん絶好のカモ・・・
いや、人ごとではないではないか。くわばら、くわばら。(笑)

(注)
同じように、一部の人気作家を除けば句集や歌集は大半が自費出版か、それに近い方式で、はじめから不特定多数の読者を想定していない。あれは自分自身の記念と知人への贈呈が目的だから、よほど悪どい営業でなければこういう問題はあまりおきないような気がする。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/07/17

浦沢直樹『MONSTER』

昨日は雨。浦沢直樹の『MONSTER』全18冊をドーンとテーブルの上に積んで、休日のマンガ一気読み。至福である。
斯界に詳しい方からは、なにを今頃と笑われそうだが、わたしと同じように最近のマンガの動向にあまり詳しくない方のために、アエラムックの「ニッポンのマンガ」の村上知彦の文章の一部を引いておく。

浦沢直樹の『MONSTER』は、1997年度第1回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞、2001年度の第46回小学館マンガ賞にも輝いた作品。冷戦終了後のドイツおよびチェコを舞台に、東西分断の悲劇が生んだ恐るべき殺人者と、彼を追う若き日本人医師の闘いを描くサイコ・サスペンスである。1994年から2002年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載され、映画や小説をもしのぐスケールの大きさと、緻密に構成された知的な物語性が評判を呼んだ。

なおこの文章のなかで、二つの賞を挙げて、これら「にも輝いた作品」という表現になっているのは、本作が第3回の手塚治虫文化賞大賞受賞作品だからであります。
いろんな賞を受賞しているから読んでみて、やっぱりすごい作品でした、というのは後出しジャンケンみたいであんまりみっともいいものではないが、まあ、たしかに読み応え十分でわたしもすっかり堪能しました。さすがに18冊一気読みはくたびれたけれど。(笑)
20070716 わたしの見るところ、ストーリー・ラインや登場人物のリアリティという面では、多少、留保をつけざるを得ないが、それは本作についてさほど致命的なことではない。マンガにおいて重要なことは、まず絵である。浦沢の絵について、とくにすごいのは何十人もの脇役の人物の造形だな。本作にもたくさん印象的なキャラクターが出てくる。そして、たぶん、これはファンの間ですでにいろいろ論じられているのだろうけれど、多くの場合その印象的なキャラクターの原型が手塚治虫のそれであるということだろう。
天才外科医Dr.テンマがはからずも命を救った少年が恐るべき力を有した怪物だったというところがすでに鉄腕アトムへのオマージュであることは誰にも明らかだが、そのほかにも、Dr.テンマのモグリ医師挿話はブラックジャックだし、ははあ、これはヒゲ親爺か、こいつはドロロと百鬼丸、こいつはアセチレン・ランプ、これはハムエッグかしらなんて想像するのも結構楽しい。これくらいたくさんのキャラクターを描き分けることのできるマンガ家は珍しいのではなかろうか。

Wikipediaによれば、2005年に『ロード・オブ・ザ・リング』などの製作で知られるニュー・ライン・シネマが映画化権を獲得しており、脚本はジョシュ・オルソンに内定しているとのこと。IMDbを見ると、2009年の公開予定となっているが(ここ)、現時点では上記の脚本以外は公表されていない。Dr.テンマは、ぜひ日本人の役柄としてやって欲しいけれど、どうなるのだろう。候補としては真田広之あたりかしら。それとも、ハリウッドのことだから設定をアメリカ人医師にしてブラッド・ピットなんかがやるということも考えられるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/11

アップボウ、ダウンボウ

775723991_c94c880242

弦楽器では弓先から弓元へ弓を運ぶことをアップボウ、弓元から弓先へ引くことをダウンボウと言います。これは私たちが息を吸って吐くのと同じです。アップボウで吸い、ダウンボウで吐く。アップボウは最初は小さな音で始まって大きくなる。ダウンボウは大きい音から始まりますが、音はだんだん小さくなる。息を吐くときもそうでしょう?あるいはアップボウは『?』で、ダウンボウは『!』とも言えます。『そうかな?そうじゃないかな?』と引いていって『そうだ!そうなんだ!』で終わる。音楽もそうですよね。『!』で終わる。

今月号の季刊「考える人」の特集「続・クラシック音楽と本さえあれば」のアンナー・ビルスマのインタビューから。
これを読んで、持っているカザルスの無伴奏組曲をかけたら、いつもとはちょっと違って聴こえた(ような気がした)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/10

「平成秀句選集」(3)

「は」から「わ」まで。159人。長谷川櫂、正木ゆう子、森澄雄など22人を外した137人の1370句。
最初に丸をつけた句が30句。ここから24句まで絞ってみました。

春の星おんぶの腕が首を巻く     橋爪鶴麿
道なりに行くしかなくて大夏野
この先はと問うきりもなく降る雪に
雪礫われに投げし子吾子になれ    橋本美代子
分度器に透きたる海図秋の風     花谷和子
転ばずにお帰り狐火ともる頃     原雅子
野の草へ露を配りにゆくところ    ふけとしこ
スープ澄むどんどん雪のはやくなり  ふじむらまり
かかへくるカヌーの丈とすれちがふ  藤本美和子
懸大根火星の赤き夜なりけり     細谷喨々
秋かすむ戦艦といふこはれもの    松澤雅世
蚕豆は昔の顔をしてゐたる      武藤紀子
貝寄せに鯨の骨も混じるべし
淡雪や恋遂げ来しか魚青き      望月百代
赤い箸つかふ夏痩はじまれり
そこまでがこの世の高さいかのぼり  本宮哲郎
金泥の一巻を展べ春の海       八染藍子
ザリガニの音のバケツの通りけり   山尾玉藻
陽炎をよく噛んでゐる羊かな
林檎剥く皮ながながと戦前派     山口速
梨はをとこ葡萄はをんなの重さにて  山下知津子
動悸息切れ骨粗鬆症青き踏む     吉田未灰
この先は知らぬ存ぜぬ道おしへ
素つ気なき男の如し短日は      渡辺恭子

さて、以上で『平成秀句選集』を材にした未知の俳人私家版アンソロジーができました。
まとめてみると506人の平成俳人のうち知っている(ある程度の先入観をもっている)方が92人。わたしにとって未知の俳人が414人。ここから89句をいただいたことになります。おおよそ百句に対して二句の割合。
すべてを通して心がけたのは、その方の師系や年齢には重きを置かず自分の好悪に徹するということ。結果としてなんとなく言えるのは、大仰なポーズに見えるものは選ばなかった、閉じてかたくななものは選ばなかった、どこにもおかしみのかけらも見えないものは選ばなかった、というようなことになるようです。
逆に言えば、それがたぶんいま現在のわたしの俳句観なのだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/07/09

「平成秀句選集」(2)

引続き「さ」から「の」までの161人。既知の俳人ということで除外したのは佐々木六戈、鷹羽守行、坪内稔典など29人。したがって選をしたのが132人の1320句であります。
最初に丸をつけた句が49句、ここから30句まで絞った結果が以下の選となりました。

そらまめの濡れたるいろを商へり    斎藤夏風
三日ほど前からのこと鉦叩       嶋田一歩
奴の国の金印しかと春の潮       嶋田麻紀
冬憶ふまじ今紅きななかまど      嶋田麻耶子
次の風その次の風芒原         島谷征良
山里に棲んできつねのやうな咳     嶋野國夫
銀漢や研師佐助は父の祖父       清水青風
見通しのよき坂道の梅の花       下鉢清子
生涯の配役は次女葱の花        須川洋子
悪相の魚の美味なる漱石忌       菅原鬨也
馬なればわれ透明の馬ならむ      宗田安正
日と月を穴と思へば白牡丹
さきほどの冬菫まで戻らむか      対中いずみ
実朝の海あをあをと初桜        高橋悦男
湧き出してすぐ春水として走る
焼き榮螺空は慈眼でしどけなく     竹中宏
後手をついて山見る冷し飴       舘岡沙緻
三面鏡のあちこちにゐて風邪心地    谷口麻耶
台風を海が身籠るうねりかな      辻美奈子
空蝉のどれも山頭火の背中       照井翠
水中花ときどき水を替へる恋
撃たれんと一頭の鹿澄みきりぬ
水温む鯨が海を選んだ日        土肥あき子
観覧車より夕焼のありつたけ
夏服となり帆柱の心持ち
どんぶりで水汲んで来る桜山      冨田正吉
猫にして恋の王者のひとゆすり     中尾杏子
プールより生まれしごとく上がりけり  西宮舞
げんげ田にこころ忘れて来てしまふ   野木桃花
望郷のゴリラに五月来たりけり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/08

「平成秀句選集」(1)

『平成秀句選集』(「別冊俳句」)は、現役の俳人506名による一人十句の自選集。
こういうムックの性格として、ぱらぱらとなじみのある俳人のところを拾い読みしたら、あとは資料として本棚に放り込んでおくつもりだったのだけれど、あんまりわたしの知らない俳人が多いので、これを句会の詠草のようなつもりで読んでみたらどうだろうと、ふと思いついた。
つまり、まず知っている俳人(句集や俳句総合誌でその作品を読んだことがあるとか、評論などでその方の俳句観などをある程度想像できるとか)は除外する。すると、作者の名前と略歴そしてその方の作句信条はついているけれど、わたしにとってはまったく未知の俳人の自選十句が並んでいるということになる。
もちろん、わたしがそのお名前を知らないということは、単にわたしが俳句の世界にさほど詳しくないというだけのことですが、それでもそういう方の作品を千句、二千句と読んでいくということにはなんとなく、「平成俳句」の総体的な厚みとか深さといったものが感じられはしないかと思ったわけであります。
既知の俳人(俳壇に無知なわたしが知っているくらいだからみな有名な俳人)を除外してみようと思うのは、有名な俳人だから、人気のある作家だから、大きな賞を受賞している人だから、という先入観や、権威によるバイアスがどうもわたしにはかかりそうだと思ったからであります。
知らない方ばかりだから、遠慮もいらないし、なんの義理もない。単純に、「あ、これ、すごくいい」と思うものだけに丸をつけていくという方針です。

五十音順で並んでいるので、まず今回は「あ」から「こ」までの186人を見ていく。
この中から、多少なりとも作品を読んだことがあるので除外したのは阿部完市、池田澄子、宇多喜代子、櫂未知子など、41名で、畏れ多いことながら(いやまったく)選をさせていただくのは残る145名の1450句であります。
やってみて痛感したのは、同じ人に複数の選をしたくなるということですね。このあたり、ほんとうの句会であれば、作者が伏せられているので偶然そうなってもかまわないのだが、同じ作者から二句、三句と選ぶのはちと気が引ける。ただ、どうしても波長があう作者というのはあるようで、複数の選をいれた方の自選十句はどれもこれも面白い。

「あ」から「こ」で丸をつけたのが58句。ここからさらに35句まで絞ってみました。

焚火してさうかいつでも逢へるのか  有澤榠樝
春一番鞄の軽き日なりけり      藺草慶子
島唄は半音階よ夜の秋        石川星水女
あやとりは指が覚えてゐる小春    
あを空のどこかに火星蝌蚪生まる   井上康明
コーヒーの一杯分を時雨けり     岩垣子鹿
風にまだ芯が残つて浮氷       有働亨
長き長きエスカレーター百合抱いて  浦川聡子
剥身屋の女房もいいなあ銭葵     大木孝子
しやがみてもこどもになれず蝉の穴  大島雄作
どの山も己の丈に眠りけり      大岳水一路
かなしみの芯とり出して浮いてこい  岡田史乃
櫟山雪の来さうな月上げて      岡本高明
屑籠に英字新聞小鳥くる       奥名春江
くり返す助走西日はさらに西     小宅容義
わたくしが昏れてしまへば曼珠沙華  柿本多映
甚平やおつしやることの御尤も    角光雄
精神的に負けて背高泡立草      加藤静夫
縄跳びの円にすつぽり秋の山     甘田正翠
日傘ゆく法隆寺西一丁目       木内怜子
人にやや離れて生きて草の花     菊池一雄
実むらさきいよいよものをいはず暮れ 
ちやんちやんこ死なねばならぬ一大事 木田千女
敦盛の五倍も生きて新茶飲む
グラマンに追はれし丘の土筆つむ
チューリップわたしが八十なんて嘘
麦生うや哀しくまろき馬の尻     北原志満子
ひと頃のあなたのやうな闘魚かな   櫛原希伊子
死んでから先が永さう冬ざくら    桑原三郎
雛飾がらんどうなるものばかり    神野紗希
ヒーターの中にくるしい水の音
仏壇は要らぬさくらんぼがあれば   小西昭夫
草の花大人も小さくなればいい
にわとりの卵あたたか春の雪
一度くらゐは歩きたからう冬木たち  小檜山繁子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/01

6月に読んだ本

『俗ニ生キ俗ニ死スベシ 俗生歳時記』福田和也(筑摩書房/2003)
『はなれわざ』クリスチアナ・ブランド/宇野利泰訳(早川書房/1994)
『俳句が文学になるとき』仁平勝(五柳書院 /1996)
『一瞬の光』アーロン・エルキンズ/秋津知子訳(早川文庫/1993)
『もう話してもいいかな』松山猛(小学館/2006)
『わたしたちが孤児だったころ』カズオ・イシグロ/入江真佐子訳(早川書房/2001)
『神様』川上弘美(中公文庫/2001)
『ファンタジーと言葉』アーシュラ・K. ル=グウィン/青木由紀子訳(岩波書店/2006)
『子どもは判ってくれない』内田樹(文春文庫/2006)
『丸山眞男回顧談〈上下〉』松沢弘陽・植手通有/編(岩波書店/2006)
『花束を抱く女』莫言/藤井省三訳(JICC出版局 /1992)
『帝国以後—アメリカ・システムの崩壊』エマニュエル・トッド/石崎晴己訳(藤原書店/2003)
『人民に奉仕する』閻連科/谷川毅訳(文藝春秋 /2006)
『ニシノユキヒコの恋と冒険』川上弘美(新潮文庫/2006)
『一夏』米川千嘉子(河出書房新社/1993)
『双六で東海道』丸谷才一(文藝春秋/2006)
『日清・日露戦争—シリーズ日本近現代史〈3〉』原田敬一(岩波新書/2007)
『異客—沢田英史歌集』(柊書房/1999)
『自伝的日本海軍始末記 』高木惣吉(光人社/1979)
『大口玲子歌集 ひたかみ』(雁書館/2005)
『忠臣蔵釣客伝』長辻象平(講談社/2003)
『吼える駐在』飯塚訓(文藝春秋/2005)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月に見た映画

プレステージ(アメリカ/2007)
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ボウイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »