« G5中年漂流記(2) | トップページ | G5中年漂流記(4) »

2007/11/21

G5中年漂流記(3)

漂流6日目。
前回は、原因は内蔵ハードディスクのある部位が破損したために、ここに書き込まれるOSの一部が、セーフブートでは切り離されて影響しないが、通常のブートでは組み入れられてしまうので、これが障害を引き起こしているのだと仮説を立てたところまででした。
めんどくさいけど今の音楽ファイルや写真データやメール・ボックスなどのデータを外付けのHDに退避させ、その上で内蔵HDを初期化してOSを再度インストールすれば、なんとかなるでしょ、という規模のダメージ・コントロール予想。

さて、今日は休日なので朝から、データのバックアップをして、OSX10.4のクリーンインストール(HD初期化とOSインストール)を実施。
インストールが無事終了して、再起動すると・・・・

なんと、起動せず。(笑)
いや笑いごとではないな、これは。(泣)

いつものようにグレーのリンゴマーク画面で歯車が回り初め、続いて画面全体がブルーになったかと思うとブラックアウト、以後、完全に応答なしとなります。
念のためインストールディスクからディスクのアクセス権やらディスクの検証もし、さらにHDの初期化も再度行って、もう一度OSをインストールしましたが、まったく症状はかわらず。
さらに念には念を入れて増設メモリーの不具合の可能性も考え、筐体をあけて、メモリーを購入時の256Mに戻して再起動したり、一本ずつ付けては外す試験をしてみましたが、状態はまったく同じですので、増設メモリーは障害の原因から除外してもいいような気がするな。

さて今後の対策は、先述のディスカッション・ボードでアドヴァイスをもらったように

  1. FireWireで外部から起動できる外付HD(手持ちの外付HDはこのタイプではないので)を一時的に入手できないか検討
  2. 入手できれば、それにOSをクリーンインストールし
  3. そこからiMacを立ち上げることができて、しかも長時間使って問題なければ、おそらく問題は、いまの内蔵HDそのものの障害であろう
  4. 新品を買って、HDの交換に挑戦

Imac_damage

という感じでしょうか。ダメージ・コントロールのレベルがひとつあがってオレンジくらいの感じかな。 ま、こういうコンピュータのトラブルは、これを一種の遊びとして楽しむように発想をかえなきゃ仕方がないなあ、やれやれ。

|

« G5中年漂流記(2) | トップページ | G5中年漂流記(4) »

i)コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

 (何の根拠も無いのですが)何となくHDの交換で治るような気がしてきました。それにFireWire接続の外付けHDひとつあると便利ですよ。OSのアップグレードの時に"Carbon Copy Cloner"というソフトでシステム毎丸ごとコピーして、内蔵HDをアップグレードすれば万が一不具合が合ったときは元の環境に簡単に戻せます。外付けなのに「起動」出来るっていうのがキモなんですよね。USBではそうはいかない。
 それはともかく早く治りますように。きっとFireWireで何事もなかったかのように動くのでは無いでしょうか。(っていうか動け!)

投稿: たまき | 2007/11/21 18:20

どうも、です。
とりあえずFireWire接続の外付けHDは買っておいても無駄にはなりませんものね。
でもおかしいのは、不具合を起こして、使い勝手の悪い状態のほうが、こうして頻繁にブログの更新をしていることで。(笑)

投稿: かわうそ亭 | 2007/11/21 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/17137941

この記事へのトラックバック一覧です: G5中年漂流記(3):

« G5中年漂流記(2) | トップページ | G5中年漂流記(4) »