« 独吟半歌仙「鬼やらひの巻」 | トップページ | On Chesil Beach by Ian McEwan »

2008/02/11

穂村弘の短歌

20080211 穂村弘の『シンジケート』と『ドライ ドライ アイス』の新装版が図書館の書架に並んでいた。
とくに『シンジケート』はなかなかオシャレである。装釘は藤林省三。
穂村の歌は、ブーフーウーとか、降りますランプとか、ゆひらとさわぐとかは、するすると口をついて暗唱できるが、よく考えたらどれも現代短歌のアンソロジーなどから、ノートに抜き書きして憶えたもので、歌集として読んだことはこれまでなかった。だって、図書館などにも置いてなかったもんね。
この新装版は、どちらも2006年に沖積社から出たものだが、こうして歌集として再度、一般の読者の手にとれるかたちで流通するのはとてもうれしいことであります。

「酔ってるの?あたしが誰かわかってる?」「ブーフーウーのウーじゃないかな」

終バスにふたりは眠る紫の〈降りますランプ〉に取り囲まれて

体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ雪のことかよ

「キバ」「キバ」とふたり八重歯をむき出せば花降りかかる髪に背中に

新品の目覚めふたりで手に入れる ミー ターザン ユー ジェーン

ねむりながら笑うおまえの好物は天使のちんこみたいなマカロニ

ハーブティーにハーブ煮えつつ春の夜の嘘つきはどらえもんのはじまり

「自転車のサドルを高く上げるのが夏をむかえる準備のすべて」

抜き取った指輪孔雀になげうって「お食べそいつがおまえの餌よ」

「海にでも沈めなさいよそんなもの魚がお家にすればいいのよ」

(『シンジケート』)

「奇麗なものにみえてくるのよメチャクチャに骨の突き出たビニール傘が」

「人類の恋愛史上かつてないほどダーティな反則じゃない?」

(『ドライ ドライ アイス』)

|

« 独吟半歌仙「鬼やらひの巻」 | トップページ | On Chesil Beach by Ian McEwan »

e)短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/40088336

この記事へのトラックバック一覧です: 穂村弘の短歌:

» 短歌の友人(承前) [かわうそ亭]
昨日につづいて穂村弘のこと。『短歌の友人』の「読みの違いのことなど」という文章には、1990年に第一歌集『シンジケート』を出したあとに、石田比呂志にこっぴどく批判された話が出ている。孫引きになるが石田の批判の一部を転記してみよう。石田の文章の初出は「雁」21号、タイトルは「シンジケート非申込者の弁」... [続きを読む]

受信: 2009/02/01 11:11

« 独吟半歌仙「鬼やらひの巻」 | トップページ | On Chesil Beach by Ian McEwan »