« 高柳光壽『足利尊氏』 | トップページ | KYOSAI Show! »

2008/04/22

替え歌百人一首

『江戸の替え歌百人一首』江口孝夫(勉誠出版)から。
基本的にあんまりバレ句のようなものは著者の趣味ではないようで、ちと退屈な中身ですが、いくつか笑ったものを。

心にもあらでヲヤよく来なんした

恐るべきことは薮医に身をまかす人の命の惜しくもあるかな

玉の緒よ絶えなば絶えねなどといひ今といつたらまずおことわり

乱れて今朝はご機嫌とおぐし上げ

ながらへばまたこの頃は鰒をくふ

恋ぞつもりて扶持となる妾が兄

|

« 高柳光壽『足利尊氏』 | トップページ | KYOSAI Show! »

c)本の頁から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/40960111

この記事へのトラックバック一覧です: 替え歌百人一首:

« 高柳光壽『足利尊氏』 | トップページ | KYOSAI Show! »