« 森見登美彦『きつねのはなし』 | トップページ | 8月に読んだ本 »

2009/08/27

みそもくそも自民党

朝日新聞の中盤情勢調査によれば、民主は320議席、自民は100議席前後に落ち込む見通しとの報道。
いくらなんでもこれはまずいなあ、と思うのだが、テレビ・コマーシャルで麻生さんが出てくると、やっぱ自民には入れんとこ、とそのつど「決意」を新たにする。
逆効果だと思うので、自民党は即刻テレビCMなんかやめたほうがいいと思うのだが、ま、もしかしたら日本の支配者のみなさんにはなんか別の深い理由があるのかもしれん。(笑)

わたしのみるところ、今回の衆院選については、民主党の政策には首を傾げる点が多い。たぶん大増税になるだろうし、景気も悪くなるだろう、財政はさらに悪化するに違いない。あんまりうまく行くとは思えんよ、てな感じをマニフェスト読んでも受けるのでありますね。
しかしそれでも、結局は民主党に入れるだろうなと思うのは、この政党を支持するからではない。だいいち、民主党の中核は自民党のかつての田中角栄の一派であります。これを第二次経世会と呼ぶ人もいるようですが、あんまり冗談にも思えない。

むかし西宮に暮らしていたころ、王子動物園によく子供を連れて遊びに行った。
ゴリラの檻の前に透明のアクリル板だか強化ガラスだかが据えてありまして、注意書きに自分の糞を投げますのでご注意くださいと書いてありましてね。うーん、これはちとすごいなあと感心した。つまり、ゴリラはおそらくぶしつけで無神経な見物客に怒って自分の糞を全力投球なさっていたのであろう。

今回、もし民主党に投票するとしたら、すくなくともわたしの場合は、この怒れるゴリラと同じ気持ちであります。総選挙で国民の信任を受けてもいない総理たちの無責任な政権たらいまわしや、アル中の閣僚をはじめとする不適格な政治家の言動に対して、無力感を感じていたここ数年の歯がゆさが、いま、一票という「力」をにぎりしめたとたん、むらむらとした怒りに変ってしまったのでありますね。

だがまことに残念なことに、選挙というのは、怒りの対象に糞を投げつけるようなわかりやすい行為ではない。だから、わたしは自民党への怒りを、民主党への支持というかたちであらわさざるを得ないのだが、ところが、たとえそれで溜飲を下げたつもりになっても、たしかに自民党は100議席を割ってざまあみろということですが、それでもほんとうにわたしが落選させたい安倍晋三だの麻生太郎だの中川昭一だのは無事当選してしまうのですね。まあ、せめて中川昭一くらいはなんとか落として欲しいけど、こればかりはいかんともしがたい。
しかし、いうまでもなく、自民党にだって政治家として、役に立つ人材はいるのでありますね、たぶん。
だから結局ここでも、味噌も糞も一緒の場合は、たいてい味噌が割をくって、糞が生き残ることになるのかもしれませんなあ。まあ、その場合は自民党が純度の高いクソ政党になって、さすがに国民に見捨てられるというシナリオもあるかもしれませんねえ。
さて、総選挙まであと実質2日。

|

« 森見登美彦『きつねのはなし』 | トップページ | 8月に読んだ本 »

f)国際・政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/46048061

この記事へのトラックバック一覧です: みそもくそも自民党:

« 森見登美彦『きつねのはなし』 | トップページ | 8月に読んだ本 »