« しみじみ読むイギリス・アイルランド文学 | トップページ | みそもくそも自民党 »

2009/08/22

森見登美彦『きつねのはなし』

Kitune 家人が大きなショッピング・バッグふたつに文庫本やらコミックやらを詰め込んで、ブックオフに処分に行こうとしていた。ふと見ると一番上に置かれていたのが森見登美彦の『きつねのはなし』。
カバーの絵にひかれたのかもしれない、ちと気になった。本読みの勘である。(笑)
「ねえ、この『きつねのはなし』ってのはどうだった?」
「いいんじゃない。ちょっと気味の悪いはなし」
「ふーむ」
ひょいと取りよけた。

「きつねのはなし」「果実の中の龍」「魔」「水神」の四つの短編で構成されている。連作というほどではないが、それぞれがゆるやかにつながって不気味な雰囲気をうまく醸し出している。とても面白い怪談集であります。

「果実の中の龍」のなかである登場人物がこんなことをいう。

「こうやって日が暮れて街の灯がきらきらしてくると、僕はよく想像する。この街には大勢の人が住んでいて、そのほとんどすべての人は他人だけれども、彼らの間に、僕には想像もつかないような神秘的な糸がたくさん張り巡らされているに違いない。何かの拍子に僕がその糸に触れると、不思議な音を立てる。もしその糸を辿っていくことができるなら、この街の中枢にある、とても暗くて神秘的な場所に通じているような気がするんだ」

「この街」とは京都のことである。なるほど、京都でなければこの怪談は、こういう具合には成功しないかもしれない。伏見稲荷、御霊神社、琵琶湖疏水、煉瓦造の水路閣・・・
なにやら得体の知れぬ邪悪なものが、闇のなかとも薄明りのなかとも知れぬ向こうから、こちらをうかがっていることはひしひしと感じるのだが、それがいったいなんであるのかがわからない。もどかしく、いやな、いやな怖ろしさ。
同じ人物がそのすこしあとでこんな俳句をふとつぶやく場面が出てくる。

 短夜の狐たばしる畷かな

だれの句かは作中ではあきらかにされないのだが、たしかにこれには覚えがあるぞ。だれのだっけと調べてみたら、おおそうだ百鬼園先生じゃないですか。

で、ぽんと膝を打ったね。
なるほど、この得体の知れない恐怖、恐怖そのものが恐怖であるような厭な感じは内田百閒がお手本か。
森見登美彦は1979年生まれ。ほかにはどんなものを書いているのだろう。

|

« しみじみ読むイギリス・アイルランド文学 | トップページ | みそもくそも自民党 »

b)書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/45997763

この記事へのトラックバック一覧です: 森見登美彦『きつねのはなし』:

» vol.31「 きつねのはなし 」森見 登美彦 [L4BOOKS - イラストですてきな小説と出会えるウェブマガジン。毎週月曜日更新]
京都を舞台とした、四編の物語。薄暗く怪しい気配に満ちた奇譚集です。 物語のあちこちで登場する「ケモノ」とは、一体何なのか。骨董屋は一体何者なのか― 読み進むうち、四編が細い糸でつながっているような不思議な感覚に陥ります。京都の裏路地のように巧妙に練られた展開や、ほの暗い物語をより一層に引き立てる美しい筆致。 すべての物語の最後には、森見氏が仕掛けた罠が。 きっと息を呑むこと間違いないでしょう。 ...... [続きを読む]

受信: 2010/02/08 21:05

« しみじみ読むイギリス・アイルランド文学 | トップページ | みそもくそも自民党 »