« Brain Science Podcast | トップページ | 『文学は別解で行こう』 »

2009/12/01

11月に読んだ本

『近江から日本史を読み直す』今谷明(講談社現代新書/2007)
『仏壇におはぎ』武田花(角川春樹事務所/2004)
『俳の山なみ』加藤郁乎(角川学芸出版/2009)
『デカルト暗殺』アイケ・ピース/山内志朗訳(大修館書店/2000)
『お言葉ですが…〈別巻2〉』高島俊男(連合出版/2009)
『原始の骨』アーロン・エルキンズ/嵯峨静江訳(ハヤカワ文庫/2009)
『鬼平犯科帳〈17〉特別長篇 鬼火』池波正太郎(文春文庫/2004)
『本が好き、悪口言うのはもっと好き』高島俊男(大和書房/1995)
『私とは何か さて死んだのは誰なのか』池田晶子(講談社/2009)
『みんな俳句が好きだった』内藤好之(東京堂出版/2009)
『杉本秀太郎文粋4蔦の細道/大田垣蓮月・江戸の散文』(筑摩書房 /1996)
『鬼平犯科帳 新装版〈18〉』池波正太郎(文春文庫/2004)
『庭師 ただそこにいるだけの人』ジャージ・コジンスキー/高橋啓訳(飛鳥新社/2004)
『ロリータ』ウラジーミル・ナボコフ/若島正訳(新潮文庫/2006)
『鬼平犯科帳 新装版〈19〉』池波正太郎(文春文庫/2004)
『寝言も本のはなし』高島俊男(大和書房/1999)

|

« Brain Science Podcast | トップページ | 『文学は別解で行こう』 »

c)本の頁から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/46905048

この記事へのトラックバック一覧です: 11月に読んだ本:

« Brain Science Podcast | トップページ | 『文学は別解で行こう』 »