« 野菜づくりの日々 | トップページ | 俳句のこと »

2011/02/01

読書について

この間にあまり本は読まなかった、と前回書きましたが、正確に言うと日本語で書かれた本は(農業関係を除いて)ほとんど読まなかったということになります。
主に通勤時間、もっぱら英語で書かれた本を読んでいました。
まあ単純にヴァニティなんだと思う、はい。

  • The Brass Verdict / Michael Connelly
  • The Scarecrow / Michael Connelly
  • Nine Dragons / Michael Connelly
  • The Girl with the Dragon Tattoo / Stieg Larsson
  • The Last Child / John Hart
  • The Girl Who Played with Fire  / Stieg Larsson
  • The Girl Who Kicked the Hornets' Nest / Stieg Larsson
  • This is Where I Leave You / Jonathan Tropper
  • The Finkler Question / Howard Jacobson
  • Howards End / E. M. Forster

4932060020_03c654d1d9_z

ミステリからだんだんとメインストリームの作品になっているのは、とくに深い理由はありません。適当に注文したり、本屋で買ったりしただけで。
このなかでは、スティーグ・ラーソンのミレニアム三部作は圧巻でしたねえ。本の分厚さもすさまじかったけれど。スウェーデンという国に俄然興味がわきました。

いま読んでるのは、昨年末に買ったペーパーバックで、ニコラ・ベーカーという女流の『Darkmans』。これが恥ずかしながらチンプンカンプン。2007年のブッカー賞の最終候補6作品のひとつというので(いや、ほんとうはアウトレットで300円だったからなんだけど)、面白そうだなと思って読み始めましたが、一月かかってまだ200ページにも届いていない。まあ、時間がかかるほうがある意味では目的にかなっているので、けっこうなことなんですけれど。

|

« 野菜づくりの日々 | トップページ | 俳句のこと »

c)本の頁から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/50744928

この記事へのトラックバック一覧です: 読書について:

« 野菜づくりの日々 | トップページ | 俳句のこと »