« スプラウト | トップページ | 自然が一番はウソなのか(2) »

2011/02/25

自然が一番はウソなのか(1)

自然が一番、ということをよくわたしたちは口にする。
いろいろ手をかけないのがいいのだよ、というような意味をそこにこめる場合もあるし、あるいは人工的に合成された物質よりも自然に存在する物質のほうが安全だという意味でつかう場合もあるだろう。

素朴な考えとしては、たしかにそうだなと思う。

たとえば、食物のことを考えるとすぐにわかるが、仮に栄養的にも食味的にもまったく問題がないと言われたところで、豚肉や牛肉を食べるのをやめて合成タンパク質で生きていこうと思う人はまずいないはずだ。それは、そんなものがおいしいはずはないという思い込みもあるけれど、むしろそれよりも、それはなんだか危ないように感じるからではないか。

もちろん、自然のものならなんでもいいと思う人はいない。トリカブトだって自然のものだが、それをわざわざ食べようとする人はいない。

食物については、人間が口にしていいもの、口にしてはいけないものは、それを実際に食べたらどうなったか、あるいはそれをある集団が食べ続けたらどうなったかという膨大な貴重な経験によって確立されたのだろうとわたしたちは考えている。それが事実であるかどうかはもちろんわからないが、ご先祖様ののっぴきならぬ飢えの恐怖や、あるいはやむにやまぬ好奇心と勇気によってわたしたちの食の地平線は広がってきたのだと理解をしているのじゃないだろうか。ナマコとかさ。(笑)

人工的な合成物がこの世界に登場するまで、ほとんどすべての生物由来の物質や、地表、海洋、大気中の無機物質についての知識は人間によって蓄えられ、農業や漁業や林業というかたちで利用されてきたのだと思う。
だから農民や放牧民や猟師や漁師の知識によって選別された「いいもの」が、じつはわたしたちの「自然が一番」の信仰の基礎にあるのじゃないかと思うんだなあ。

しかし、科学技術の発達によってここのところが少しずつズレはじめているような気がする。わたしにもうまく整理ができていないのだが、たとえばあんまり思索的に領域を広げすぎても収拾がとれなくなるので、野菜づくりということに限定してちょっと考えてみたい。

Screencapture1

具体的には次のようなことだ。

キューピーがつくっている水耕栽培による野菜工場というものがある。土はまったく使わない。根を張るのはスポンジ。三角形に立てかけられた栽培床が屋内にレイアウトされ、収穫まで自動化されたラインがある。空気成分も温度も光も水や栄養もすべての環境がコンピュータで制御される。そういう野菜づくりについて、みなさんはどんなふうにお思いになるだろうか。

|

« スプラウト | トップページ | 自然が一番はウソなのか(2) »

「a)里山の日々」カテゴリの記事

コメント

以前、木村秋則『奇跡のりんご』が話題になりました。(私はその次の『りんごが教えてくれたこと』だけ読みました。)自然に実ったりんごは、腐るのではない枯れるのだ、が印象的でした。確か、いわゆる有機栽培についても著者は疑問を呈していたと記憶します。
大根さえもスーパーでカードで買う私。清浄野菜と知るとつい手が伸びます。
でも、やっぱりこのような栽培で育ったものを野菜というのかどうか、考え込みますね。

投稿: Wako | 2011/02/26 09:04

こんにちわ。
木村秋則さんの自然農法と有機農法は重なる部分もあるようですが、後者が慣行農法を一定のルールで堆肥や自然物による肥料で置き換えていくという方法論であるのに対して、木村流はなにも手を加えない自然がもつ一種の「免疫力」のようなものを農法のベースにしておられるようですね。もっとも、この目で見たり食べたりしたわけじゃないから、どこまで信じていいかよくわかりませんが。
このエントリーは、例によってあんまり結論を考えていませんので、いまの私自身の疑問を羅列するだけになりそうな気もしますけれど、書いているうちに発見のようなものがあればいいと思っています。まあ、ゆるりといきましょう。

投稿: かわうそ亭 | 2011/02/26 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/50968762

この記事へのトラックバック一覧です: 自然が一番はウソなのか(1):

« スプラウト | トップページ | 自然が一番はウソなのか(2) »