« 自然が一番はウソなのか(3) | トップページ | それでも春は »

2011/03/08

自然が一番はウソなのか(4)

農産物の遺伝子操作の例としてよくとりあげられる作物に大豆があります。
具体的には除草剤耐性大豆というものがある。日経新聞などでラウンドアップ・レディなんて名前を目にされた方も多いでしょう。ラウンドアップというのは多国籍企業モンサント社の農薬のことであります。レディはladyじゃなくて、ready 準備できてるぞ、っていうほうですね。

さて、このラウンドアップ・レディという遺伝子組み換え大豆は、基本的には、どうすれば農薬を減らすことができるかというところから発想はスタートしているのですね。

ただしそれは、もしかしたら多くの消費者が思い描くかもしれない、ほらやっぱりこれからは環境にやさしく安全な食物がトレンドだものねえ、といった甘っちょろい発想ではありません。いや、まあそれもイメージ戦略、マーケティングとしてはあるわけですが、メインの理由はそれではない。

穀物メジャーが軌道上の静止衛星から観察してるようなスケールの大豆農家にとって農薬の問題はなによりコストとしてとらえられます。大豆が生長する環境下では雑草もまた猛烈に繁殖します。これを放置すれば大豆が収穫できなくなる。かといって人力で草を刈ることも、できっこありません。結局、収穫までに何回か安全基準の範囲内で、ヘリやセスナから何トンもの農薬である除草剤を散布するしかありません。これは莫大なコストがかかりますわな。
しかし、たとえば、最初と途中の二回農薬撒くだけで済むようにできれば大きなコストダウンになりますよね。
しかし、そんなうまい方法があるんだろうか。

そこでモンサント社が考えたのはこういう作戦です。(ただし、わたしは専門家ではないので、たぶん間違いがあると思う。ご叱正をまちたい)

除草剤には二種類あるんですね。ひとつは選択性の除草剤で、ターゲットとなる雑草が決まっております。もうひとつは非選択性の除草剤で、これはなんでもかんでも植物すべてを枯らしてしまう。ヴェトナムで米軍がジャングルに撒いた非人道的な化学兵器みたいなもんだと思えばいいのでしょう。
農薬は、とうぜん選択性のものです。だって、非選択性のクスリ撒いたら肝心の作物、この場合は大豆も枯らしてしまいますもんね。しかし、選択性の農薬は、ターゲットにする草しかやっつけてくれません。何種類もの雑草を懲らしめるためには、何種類もの農薬が必要です。だから農薬の量が多くなる。

頭のいい人はここで、ははあ、と思ったでしょう。

よくハリウッドのハリボテ映画なんかで、細菌兵器とワクチンなんてしょうもない小道具が出てきますよね。極悪の天才科学者が、全世界に猛毒性のウィルスをばら撒くと政府を脅す。でも、大丈夫、エリートの皆さんには、このワクチンを差し上げます。あらかじめこれ打っとくと、感染しませんからね。劣等人種どもが絶滅した後、もういちど、理想の世界を一緒につくりましょう。ちなみにお値段のほうは・・・・
なんてやつね。

つまりラウンドアップ・レディのアイデアは要するにこれなんであります。

バイオテクノロジーで遺伝子組み換えを行って、非選択性の除草剤に耐性をもつ大豆、自然界には存在しない筈のラウンドアップ・レディをつくっちゃうんですね。そして、非選択制の除草剤ランドアップを種蒔きと成育中に二回ばかり撒く。すると、あら不思議、大豆畑は雑草のないきれいな状態になってラウンドアップ・レディ大豆だけが元気に育つではありませんか、というお話。
まあ、これを雑草のないきれいな畑と見るか、除草剤で汚染された過酷な畑と見るかは立場によって違うことでありましょうけれど。
しかし、このラウンドアップ・レディは、ほとんど手をかける必要がないので、不耕起の自然農法に近くなるという意見もある。

もっとも、そんなうまい話がありますかいな、という皆さんも多い。大豆のほうは遺伝子操作で除草剤に耐性をつけたんだろうが、雑草だって、そのうち突然変異でそういう耐性持つやつがでてくるんじゃないのという疑問は誰だって思いつく。院内感染のウィルスと抗生物質のいたちごっこと同じことがここでも始まるだけだという冷めた意見もあるようですな。また、実際はラウンドアップでもそんなに農薬は減らないみたいよ、という報告もある。ま、これも一種のマッチポンプかもしれない。

ところで、そんな遺伝子組み換え作物なんて禁止されてるのではないの、と思われている方もおられると思いますが、現にアメリカでは総作付面積の75%(2002年米国農務省発表)の大豆がこれであります。アルゼンチンでは95%が遺伝子組み換えだと言いますな。日本はEUと同じように、まだこれを認めておりませんがさてどうなるのでしょうね。

|

« 自然が一番はウソなのか(3) | トップページ | それでも春は »

「a)里山の日々」カテゴリの記事

コメント

「日本はEUと同じように、まだこれを認めておりませんが」 - 耕作には規制が厳しいということでしょうか。一方で遺伝子工学的に学術的にも企業活動としても遅れはとれない。ですからEUでも食用以外のジャガイモの耕作などは試されているので、汚染は避けられないでしょう。

しかし食品において0.5%までの汚染に限るEUは、日本の場合と違ってそれらの作物は食卓に一切のぼりません。これは、「消費者保護や認識」を盾にして検疫としても使えるのですね。また、汚染の少ない耕地からの食品はいづれ付加価値を生むと、EUの政策は二段構えにプロテクトされています。

投稿: pfaelzerwein | 2011/03/08 17:23

ええと、EUはもう遺伝子組み換え大豆の承認はしているのですか。良く確かめずに書いてしまった。
日本のほうは、わたしが知る限りではパブリックコメントのとりまとめ段階と理解しています。
農水省「遺伝子組換えダイズの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集(パブリックコメント)について」
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/101224.html
これによると、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
農林水産省は、遺伝子組換え農作物の隔離ほ場での栽培や、食用又は飼料用のための使用等に関する承認申請(ダイズ2件)を受け、申請者が提出した資料を用いて生物多様性影響評価を行いました。学識経験者からは、生物多様性への影響がある可能性はないとの意見を得ました。これらの結果に基づいて生物多様性影響が生ずるおそれはないと判断しました。
そこで、これら遺伝子組換え農作物を承認するに先立って国民の皆様からのご意見をいただくため、平成22年12月24日(金曜日)から平成23年1月22日(土曜日)までの間、パブリックコメントを実施します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ということなので、近いうちに承認がおりるのかなあ、と思っておりますが。

投稿: かわうそ | 2011/03/08 20:42

情報有難うございました。どうもBASFグループは、ブラジルでの大豆など規制の緩い地域で試験して、EUでも許可申請を取ろうとしているようです。

つまり現時点では上で述べた糊に使うジャガイモだけですが、次ぎには日本での許可などを既成事実としてEUでも行なう予定のようです - もちろん議論は起こるでしょうが、既成事実が既に重なって同時に汚染の可能性も拡大します。ブラジルで「学術的結果」が出ているので日本でも許可が下りるでしょう。

印象を書かして頂くなら、高等教育のマス化が進んでいる市民ほど扱い易いものはなく、またこうした農政のあり方は実はTPP問題なんかよりも基礎にあるものだと思いますね。済崩しになっていれば、あとは自動的に進むものですから。

投稿: pfaelzerwein | 2011/03/09 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/51064491

この記事へのトラックバック一覧です: 自然が一番はウソなのか(4):

« 自然が一番はウソなのか(3) | トップページ | それでも春は »