« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/27

オリンパスの充電器について

引っ越し準備のどさくさに、オリンパスのE-330というデジタル一眼の充電器が行方不明となったため自分のカメラが使えない。(実際は使えるのだが、バッテリー残量が減っているのでこれをゼロにしたくない)
仕方がないので必要な写真はiPhoneで撮っている。まあ、こっちのほうがクラウドで母艦のiMacのアルバムに自動的に追加されるので便利ではあるのだが、やっぱりこれは、という被写体はちゃんとしたカメラで撮りたいんだなあ。
もう一度、荷造りの段ボールなどを改めて、充電器が出てくればいいのだけれど、なにせ要らない周辺機器やそれに接続のアダプターや充電器類がたくさんあったので、それらに紛らせて処分している可能性も高い。
この機種の電池の型番はBLM-1で、オリンパスのサイトにあたるとこの電池に対応する充電器は型番BCM-2であることがわかる。ところが、恐れていたように、すでにこの型番の充電器は販売されていないんだなあ。
充電器なんてただの付属品のようにぞんざいに扱ってきたが、よく考えると、これがないと致命的だ。せっかくのデジカメ本体も交換レンズもただの粗大ゴミになってしまう。

オリンパスのサポートセンターに電話して調べてもらったところ、以下のようなことがわかったので、同じようなトラブルに見舞われた方の参考に、ここに記しておきます。

E-330用の充電器(BCM-2)の生産はすでに終わっており、メーカーに注文してももう入手できないので、対策(オリンパスの提案)は以下のとおり。

いまの電池(BLM-1)をまだ使いたいなら、量販店や流通のほうでこの充電器の在庫がないか問い合わせる。運良く見つかればそれを買えばよい。ただしネットオークションにもこの型式は見つからないので、流通在庫を見つけるのはなかなかむつかしいように思う。ちなみに当時の定価は6300円。
いまの電池をつかうことをあきらめれば、後継の電池(BLM-5)とその専用充電器(BCM-2)をセットにした商品(定価9870円)があり、この電池がE-330でも使える。残念なことに新しい充電器で古い電池を充電することはできない。
183381016046767890_xmslg54r_c


E-330を買ったのは2006年の6月だから、いまの電池は5年半使ったことになる。回数を記録してはいないが、かりに月2回充電していたとすると、充電回数は(わたしはたいがいは残量警告が出てからフル充電するくせがある)132回。後継の電池(BLM-5)の仕様によれば充電回数は500回とありますから、古い電池も同等の性能とすると、まだ寿命の3割も使っていないことになる。しかし、まあ5年半は使ったわけだし、この際、電池も新しいものに買い替えてもいいとあきらめる考え方もある。

すべては引っ越し荷物の再点検後のことだけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/20

Pinterest は面白い

Pinterest は、インターネット上のあらゆるイメージを、クリック一つで取り込めるサービス。いろんな雑誌のかっこいい写真をスクラップするような感覚で楽しめる。
Flickr の Fav もいいのだが、たくさんお気に入り写真を集めても、分類ができないのがいまひとつだった。
ファッションにしても、仕事にしても、先になんらかのイメージを自分の頭の中につくっておくと、スポーツのイメージトレーニングと同じように、いろんなアイデアや工夫を思いつくことができるようだ。
女性にわりと人気があるというのも、うなづける。

20120120_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/14

猫の皿

6693110697_4a8d9beed3

煮魚の食べ方がきれいだと、ときどき褒められる。遠慮のない家族には、むしろあきれられる。ほら、猫も食べるところがないだろ、なんて威張るのだが、よく考えると、この頃のペットとやらの飼い猫は、ご飯の残りなんか食べてないんだろうな。

むかしは猫は自然に家に居着くものだから、勝手に土間にいるものというくらいで、座敷に上がったりしようものなら、こっぴどく叱られるのがふつうだった。いまから思えば、猫といえどもたんに愛玩の対象ではなく、鼠とりや残飯処理という役目があって、それなりに役に立つから家に置いてもらっていたのだろう。とくにご飯の残りは、猫がガシガシたべることで、一種の生ごみのディスポーザーになっていたのだと思う。循環型の暮らしの一角を猫も占めていた、というとちと大げさかもしれないけれど。

「猫の皿」という落語がある。わたしが持っていたのは、志ん生のレコード。
こんな噺だ。

骨董屋のなかに店を構えず地方をぐるぐる回って出物を見つけ、江戸に帰って高く売るという連中がいて、かれらのことを旗師というそうな。
あるときそんな旗師が茶店で一服しようとすると、へっついさんの傍らに猫が寝ている。じっと見ているとそこに皿が置いてあるのだが、その皿が「高麗の梅鉢」と言う、実にすごいような皿。まず江戸の物持ちでもこれが十も揃う家はないくらいで、一枚放しても三百両に羽根が生えて飛んで行くという逸品。
ははあ、知らねえんだ。知らねえから猫の皿なんかにしてやがる。知らねえてえのは恐ろしいもんだね。
というわけでこの旗師、茶店の爺さんに、カミサンが可愛がってた猫が死んでしまったが、この猫が生き写し、ぜひこの猫を三両で譲ってくれろと談判。
そんな毛の抜けかけた汚い猫に、三両なんてめっそうもないという爺さんに、いいんだ、いいんだ、おお、可愛いねぇお前は、ほら俺の懐に入んなと、無理矢理三両渡すと、そうだついでにこの皿ももらっていくぜ、宿屋にも猫に皿を使わせるの気の毒だからな、なんて言って、ひょいと皿を取ろうとする。
すると、この爺さんが、いえお客様その皿はいけません、こっちのをお持ちなさいと他の皿を棚から出してくる。いや、猫ってのは、皿が変ると餌を食べなくなる、こっちの使いかけのやつでいいよ。
するとこの爺さん、いや、お客様はご存じないことだが、この皿は高麗の梅鉢といって、まず江戸の物持ちでも十は揃わん、一枚だけでも手放せば三百両が羽根が生えても飛んで行くというようなお皿でしてな、家に置いてもおけんのでこうやって毎日茶店に持って来るんです、と言うのである。
へえぇ、そらあ、おらぁ知らねえから、つい言っちまったが、そうか、そうかよ、そんなら仕方ねえな、——おいこら、引っ掻くな、この畜生、ひえぇ、ひどい毛抜けだよこいつぁ。——しかし、親父、そんな高けえ皿なら、なんでそんな大事なもんを猫の皿なんかにしてやがんだよ、と旗師がぼやくと、茶店の爺さん、にやりと笑って、なにこうしていると、ときどき猫が三両で売れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/06

最後の城の跡地

6641309751_292bafec15_z

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、福岡県豊前市の千束というところに千束八幡神社というのがありまして、わたしにも縁のある土地なので、お参りをして参りました。南無八幡大菩薩というくらいで、神仏習合で日本全国に広がった、「村の鎮守の神様の今日はめでたいお祭り日」、といった体のまあ言ってみればどこにでもあるようなありふれた八幡社なのでありますが、秋の奉納の薪能舞台もあるなかなかちゃんとした聖域であります。また、じつはここはちと面白い場所でもある。
明治維新のとき長州藩が小倉小笠原藩と戦をしますが、これで城を焼かれた小笠原が日本で最後の城を築いた場所なんでありますね。築城は明治三年、翌年には新政府の廃城令で取り壊された短命の城でもある。
以下、神域内の説明板から——

旭城跡(千束城)

千束八幡神社の敷地とその周辺が城跡です。江戸時代には現在の豊前市と新吉富村の一部は新田藩と呼ばれる小倉藩小笠原氏の支藩でありました。
藩主の居城は、領内になく小倉城下の篠崎にありましたので、篠崎藩とも呼ばれていました。

慶応二年(一八六六)小倉藩と長州藩との戦いで、小倉城、篠崎邸ともに焼け落ちたため、当主の小笠原貞正は、小倉藩主小笠原富千代丸とともに田川郡香春に逃れました。

その後貞正は領内の当郡に来て安雲(新吉富村)の光林寺に入り、明治二年(一八六九)、塔田原と呼ばれていたこの地に居館を構えることにしました。ここにはかつて多くの古墳があり、その古墳の石を使って石垣を築き、明治三年(一八七〇)に完成して、旭城と名付けられました。

しかし時代は明治の新政府によって激動の時を迎え、明治四年(一八七一)の廃藩置県さらに廃城令が出される中、築城間もない旭城はその使命を終えます。短命であったこと、そして全国で最後に築かれた城と言う意味で、歴史にその名を残した城でもあります。
現在も城跡である千束八幡神社の周辺には多くの石垣が残されており、当時の名残をとどめています。

豊前市教育委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »