« ブロッコリー苗など | トップページ | 今日の筍 »

2012/04/13

トウモロコシと春ダイコン

まだ土がすこしやわらかい状態だったが、午後からはまた雨の予報だったので、急いでトウモロコシと春ダイコンのタネをまいた。
トウモロコシはタキイの「キャンベラ86」、いわゆるスイートコーンである。黒マルチをして、30センチの間隔でカットする。
3粒まきが推奨だが、ちょっとけちって2粒まきで38箇所にタネをまく。

春ダイコンはトーホクの「春の都」。タネ袋の惹句は「とう立ちの遅い青首総太り」とのこと。こちらは一カ所に5粒づつ。


7072782003_9ecf4cd406_c


|

« ブロッコリー苗など | トップページ | 今日の筍 »

「a)里山の日々」カテゴリの記事

コメント

楽しく読ませていただいていますが、趣味と言うよりプロ並みの野菜作りに感心しています。今からでも間に合う素人でも鉢植えで出来る野菜はなんでしょう。いつもピーマンと茄子をやっていますが、出来栄えはもうひとつ、ひと夏で二三回食卓に登場して終わりです。

投稿: arz2bee | 2012/04/16 17:34

こんにちわ。どうもありがとうございます。
ピーマンと茄子をプランターで育てるなんていいですね。わたしも去年まではマンションのベランダで野菜をつくっていました。そのときに重宝したのはサンチュで、適当に外の方から切ってサラダにしたり焼き肉を巻いたりして使いますが、放っておくと一、二週間でまた元に戻りますのでお得感がありました。

投稿: かわうそ亭 | 2012/04/16 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/54461161

この記事へのトラックバック一覧です: トウモロコシと春ダイコン:

« ブロッコリー苗など | トップページ | 今日の筍 »