« ネギの土寄せほか | トップページ | ブロッコリー苗など »

2012/04/09

5号コンポストの切り返し

6913940680_f7e605f7c1_c午後の作業

③コンポストの切り返し

5号コンポスト・ビンを設置して約2週間。この間、枯れた萱を押し切りカッターで刻んだもの(藁のかわり)山の腐葉土、朽ちた竹、ぼろぼろにくずれた椎茸のほだ木の皮、風に折りとられた小枝、とった雑草などを積んで、ときどきヌカをサンドイッチにして踏みつけて圧縮してきた。
最初の切り返しは、解説書によれば1週間後くらいがめやすのようなので、ちょっと遅れ気味。ただし、最初の1週間は乾燥した枯萱が中心だったので、干し草のようなものだったから、ちょうどいい頃合いだろう。窒素分として尿素を入れたり、鶏糞をまぜたりする人もあるようだが、植物質だけの材料でつくる人もいる。わたしの目的は、主として土壌改良だから(肥料ではなくて)基本的に動物性のものはあまり入れない方針。

いったん、コンポスト・ビンからフォークやスコップをつかって全部を掻き出す。水分が多すぎてぐちゃぐちゃになった部分と、水が通らなかった箇所はからからに乾燥した状態で出てくる。下の方は踏み固められてかなり圧縮されているのだが、このあたりの層が水分が多すぎて腐敗臭がするので、臭いかたまりはスコップでとりわけて、土に埋め戻す。

全体を何回も切り返してなじませると、今日はとくに気温も高く、また風の通りがいい場所なので、水分も適度に飛んで全体にしなっとした感じの生堆肥原料という感じになる。においは、腐敗臭よりはましだが、山の腐葉土よりはアンモリア臭が強い感じでまだ好ましいにおいではない。一晩おいて、明朝、積み戻す予定なり。


|

« ネギの土寄せほか | トップページ | ブロッコリー苗など »

「a)里山の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/54433126

この記事へのトラックバック一覧です: 5号コンポストの切り返し:

« ネギの土寄せほか | トップページ | ブロッコリー苗など »