« 良いニュースと悪いニュースがある | トップページ | もの喰う虚子 »

2013/05/31

タヌキのことなど

トマトの雨よけアーチの作業をしていたら、すぐ後でかさこそと音がした。なんだろうと、振り返ると、びっくりしたなあ、タヌキ(たぶん)である。テレビなら、「じぇ、じぇ、じぇ〜」と叫ぶところである。なにしろ文字どおり目と鼻の先である。さして臆する様子もなく、堂々たる領土侵犯。気を取り直して、こぶしを振り上げ「がおぉぉぉ!」などと威嚇しながら足を踏み出すと、やっと逃げ出したが、ちょっと離れて、またこちらをじっと見ている。

じつは、思いあたることがある。

昨日の朝のことだ。

道路際のうちの畑に、クルマにはねられたらしき、動物が投げ込まれていたのだ。ご丁寧に、引いた草を重ねた山の上に置かれている。はねられた動物が偶然、そんなところに着地するとは思えないので、たぶん道路に放置された障害物を、ドライバーが引きずり蹴落とすかなにかしたのだろうと思われる。うんざりしたが、うちの畑だから放置もできない。道路は小学生の通学路でもある。カラスがたかったりしては剣呑だ。
どこかに埋めてやろうかとも思ったが、けっこう大きな動物だから穴を掘るのも大変だし万一衛生上の問題が起こったりしてもいけないので、市の保健衛生課に電話して、焼却処分を頼むと、ありがたいことにすぐに取りにきてくれたのだ。

その屍骸が、たぶんタヌキで(市役所の若手二人組も「これなんですかねえ。タヌキかなあ」なんて言うておりました)、今日、うちの畑にやってきたきた動物と同じ種類だったわけである。
見た感じでは、今日のタヌキ、昨日の屍骸と同じような大きさに見えるので、親子ではないだろう。夫婦であろうか。「あのぉ、うちのが帰ってこないんですが、なにかご存じないですか?」というわけだろうか。話ができりゃ、なにがあったか教えてやれるんだけどねえ。
なんまいだ。


|

« 良いニュースと悪いニュースがある | トップページ | もの喰う虚子 »

「a)里山の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23898/57497448

この記事へのトラックバック一覧です: タヌキのことなど:

« 良いニュースと悪いニュースがある | トップページ | もの喰う虚子 »